写真家、講師、として活動中、ファットフォト写真教室では、受講生を募集しています。              写真の使用を希望される場合は  お知らせください。


by y_kmsm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

神話の国


三話目は神話の国

宍道湖の北岸、松江を目指す。
松江は食の街、お菓子に蕎麦、魚介類と楽しみが多い。

途中は寄らずに、旅館に直行し荷物を預け、出雲に行くことに、
訳は前日ニュースで鉄道フアンに人気の「一畑電車」の日本で一番古い
電車が引退というのを聞き、興味を持った。

「松江宍道湖温泉駅」から2両の黄色い電車に乗る。
残念ながら、最古参の電車は前日で引退し、車庫の中の姿のみだった。
宍道湖沿いをゆっくりと走りだすと、最後尾に女性の乗務員がいる、
何するかと思うと、車窓の案内や、次の駅を案内するだけ?
そして運転手が駅に着くと車内のドアーを開け、改札を行う。(無人駅が多いため)

f0079943_131789.jpg

自転車も持ち込めたりする地域密着の鉄道だ。

江ノ電をもっとローカルにした感じで、スイィチバックしながら
一時間余り、菜の花の咲く沿線をゆっくり走り出雲に着く。

出雲大社駅もまたイイぞ、
なにがって!ステンドグラスのあるドーム状の待合室は午後の光で
三原色の彩られているのだ。30分に一本の電車なのだが、ストーブを囲んだ
木のベンチで楽しんでしまいそう~

f0079943_13174096.jpg


出雲大社に参拝前に名物「出雲そば」をいただくことに、
味は期待したほどではなかったが、関東と比較はできない「地の味」
なのかもしれない。

大社は荘厳なたたずまいで、神話の空気が漂う。
20代のころ来たときはそんなに感じなかった空気感のような気がする。

f0079943_1318638.jpg












帰りも「一畑電車」で夕陽の宍道湖を見ながら、うつら うつらと

翌日は撮影も含めかなりの強行軍なので、 早寝 早寝 zzzz
[PR]
by y_kmsm | 2009-04-10 13:05 |