写真家、講師、として活動中、ファットフォト写真教室では、受講生を募集しています。              写真の使用を希望される場合は  お知らせください。


by y_kmsm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2月になったが、


いい出会いが、多い。

と言っても、書籍と、写真と、映画ですが!!

まず、書籍は「パリ、フォト08」 1997年から続く世界最大の
写真展。今回は仏ルーブル美術館で開催された。
この写真展で日本人作家を批評したものだが、こんな的確に、的をついた批評
を言える評論家は素晴らしいと思った。
荒木、森山、細江、ホンマ、沢田(知子)、篠山、東松、等各氏
といった凄いメンバーなのだが、その日本人作家に対し、共通認識
として「今この一瞬の、切なさ」というフレーズが心に響いた。
現代アートの写真が評価されている欧州で、「伝統ある写真という
規律を守りつつ新たな表現を見出す作家」として日本人が注目されて
いる。というレポートは刺激的だった。

写真は、(iichiko)のコマーシャルフォトで、1000個近いシュウマイが
並び、具の色でボトルを見せているのだ。  すごいぞ!!

映画は、(チェ  28歳の革命)キューバ革命を苦難の末達成し、
「今、世界のどこかで私のささやかな助力を求めている人たちがいる。
   別れの時がきたのだ。」という手紙を残して去った男の映画。
ビートルズ世代の小生達は、その後続く変革の時代で、個を捨て去る
事、批判を恐れずに未来を夢見ることのロマンチズムに共感するのだ!

表現でも、写真でも、生き方でも、多数意見を気にしたら変化はできないし
、人の価値観の大事さがもっと求められる現代なのかもしれない。
という共通したものを感じた出会いでした。

f0079943_1532485.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2009-02-02 15:23 | 映画