写真家、講師、として活動中、ファットフォト写真教室では、受講生を募集しています。              写真の使用を希望される場合は  お知らせください。


by y_kmsm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

マスク


f0079943_14121587.jpg


先日観に行った「ブルーマン」のステージは面白く、素晴らしかった。

顔を青く塗り、無表情でパフォーマンスするステージは90分休みなく
動き、演技し飽きさせない。尚且つ観客は次の動作を期待し、想像する。
そこが90分間魅了するのだろう、次が予測でき、それが展開してきたら飽きてくると思うが、
ブルーの顔に表情表現がないために、観てる側はより動作に集中でき次を期待する。

なんでも人に見せたり、読ませたり、するアートは期待通りより
予想外の展開や想像を超える驚き、が人を魅了するのだろう。

あまり先を考えず、今をゆっくり楽しむのもいいが、
たまには驚きと、期待が交差するパフォーマンスもいい。
[PR]
by y_kmsm | 2012-01-30 14:30 | 写真

時が

一月も終わろうとしている。

年末から新年にかけてにぎわいと華やかさを誇っていた、
イルミネーションも今となると寂しさと、寒々とした光と化していた。

六本木ケヤキ坂の「光」も欅の木に降った雪が氷ついた結晶のようだった。
通りも肩をつぼめた人が行き交うが、閑散とした景色。

寒々とした光の向こうに暖かな赤い光の東京タワーがホットさせる。
このタワーも、もう少しで主役を入れ替わるが、赤いこの光はいいなと思う!


f0079943_15543986.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2012-01-29 15:55 | 写真

淡雪

f0079943_14471020.jpg


初雪は昨日の積もり方くらいでいいかと勝手に思っている。

朝には融けて淡雪となり、余韻が残る程度がいいし、

日の光が雪の反射でまぶしさを増し、影を美しくみせる。
[PR]
by y_kmsm | 2012-01-24 14:56 | 思い

規制


今日、ウィキペディアの英語版を見ると、黒い画面の抗議が、

アメリカの議会でSOPA法案が議論され可決されそうなことに対する
抗議なのだが、よく検索してみると、映画や音楽の違法コピーに対し
政府が介入できるという法案だった。

確かに映画会社や音楽関係者にしてみたら死活問題の違法コピー問題
なのだが、こうした政治の介入は時として行き過ぎて悪法になりかけない。

都合の悪いことに規制をかけ始めたら、表現の自由は損なわれると思うし、
過去に同じような立法が思想、表現の取り締まりに姿を変えたこともある。

自由に書き込みができ、中立的立場を維持してきた「ウィキペディア」の抗議は
ネット社会に問題提起をしていると思う。

こうした表現問題はみんなで論議して政治の介入ではなく、自主的に規制を
するのが理想だろう。

立場の違う両意見をネット利用者は考えなくてはいけないし、
日本のマスコミも傍観者的記事を書くのではなく、自主論を述べなくてはいと思うのだが、
今後を注目しよう。

f0079943_23581883.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2012-01-18 23:58 | つぶやき

今日はドンヨリと曇った寒い一日になりそうだ。

少し水気のほしい日々、居間も、寝室も、加湿器でなんとなく
潤っているが、一雨ほしいところ。


天気は乾燥しているが、キッチンの蛇口から水漏れしているのに気付いた。
まだ20年くらいの使用年数だが、ダメなのかな~

一応、自分で修理してみたが、うぅぅぅ~ん

さて交換となるとどうしていいか?専用の工具が必要だったり、元栓を閉めたり、
では水を使わない時間は、というと仕事だったりと…

中々、進まない、こんなことで人に頼むのも悔しいし~

今年は正月に神社で「大吉」を引いたのにな…

f0079943_143719100.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2012-01-16 14:37 | 思い

イチゴ街道

          かなり前に取材で訪れ、その後この季節になると歳時記として
                イチゴの撮影と記事を新聞に掲載していた。

記事のタイトルを「イチゴ街道」としたのが、今でもこの道の愛称になっている。


その時に協力いただいたお店に今日数年ぶりに訪れたが、顔を見た途端「神島さん!!」
と思い出していただき、感激!!

お店の壁には、色褪せたが小生が撮影した写真が額に入れられ飾られていた。
すでにお父さんは亡くなって、奥さんも家からでなくなっているというが、撮影に出てくれた
息子さんが、覚えていてくれた。

完熟した摘みたてのイチゴを購入して、今夜は思い切り食べようと思う。

f0079943_2293773.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2012-01-13 22:10 | 写真

制約された世界

昨日、ある方と話をしていて感じたことが、写真の制約が広まってきていること感じた。

もちろん責任は撮る側にもあるのはわかるが、街の中で写真を撮るとき
制約度が増してきてる。背景に個人や会社が写る場合、無断では問題が起こることが多い。

こうした制約度が増すと写真が小さく、狭い写真になっていく気がする。

報道写真を撮っていた頃、今日と同じ成人式の風景を翌日の朝刊に掲載したときに
編集部に「写っているのは娘なので写真がほしい」という連絡があったので4切りにプリント
して、送付したら後日たくさんのお礼が届いた。そんな事が数回あった。

写真を通して交流が生まれた時代は、今後考えられなくなるかもしれない。

ルールは必要だけど、写真が受け身になってきたとき、つまらなくなる気がする。

f0079943_0153369.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2012-01-10 00:16 | 写真

出会いとは


ふと目に飛び込む小さな感動の場面がある。

人はそんなに気にしないことでも、はっとするものがある。

写真とはそんな発見を記録していくものかもしれない。

ひとりの人間が留める記録、本当は誰にも見せたくないと思うような記録。

あるフランスの写真家が言っていた。

「一枚の写真とは、ある秘密をめぐる一つの秘密なのである」

f0079943_17161780.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2012-01-04 17:16 | 写真

2012年1月1日


f0079943_1424738.gif


新年 明けましておめでとうございます

           本年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by y_kmsm | 2012-01-01 14:06 | 思い