写真家、講師、として活動中、ファットフォト写真教室では、受講生を募集しています。              写真の使用を希望される場合は  お知らせください。


by y_kmsm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

未だに


先日の大ミスで消えてしまったデーターの復元作業中。

仕事と重なりはかどらない作業に、多くの方からアドバイスを頂き
深夜に時間を作り、黙々と進行しています。

写真が無いと、どうもブログが進まず間が空きましたが、
決して止めたわけでも、消沈して引き籠りになったわけでも
ありませぬ、ハイ!大丈夫です。

そんな状態のうちに何と梅雨入りしてしまい、益々、新緑の写真データーが☆い

しかし気持ちは新しいものが撮る気になれず、頼まれた仕事以外は
シャッターが錆つき気味なのです、機材は雨でもOK仕様なのに…


まー いつか復旧して元気にバリ撮しますで!!

とりあえず、そんな環境でボソボソ過ごしています。
[PR]
by y_kmsm | 2011-05-30 14:25 | 写真

データーが〷


なんと何と…パソコンのメモーリーに入れておいたデーターが…

一瞬に消えた…

同じような現像ソフトがあったので、片方を消去したら
2個とも消えてしまったのです。

最近2週間内で撮ったデーターをまだCDにもハードディスクにも
移したなかったのが…トホホ~


今日はそんなことでかなり落ち込んでいます。


しばらくは、そんなことで写真なしになるかもしれません、ショボン
[PR]
by y_kmsm | 2011-05-18 23:40 | つぶやき

撮影会

快晴の昨日、新宿御苑で恒例の「ビキナー撮影会」を行った。

総勢70名(昨年の4月から今年の4月までのビキナークラス)という
大人数で公園の中でやたら人目を引いた位の、写真集団!!だ~

f0079943_16141368.jpg



それぞれ15人ずつにグル-プ分けして、広い公園に散り撮影開始!

f0079943_16143492.jpg


シャッタースピード、被写界震度、などの復習と、緑を生かした課題撮影
そして講師が勝手に決めたテーマで楽しく撮影していった。ちなみに
GODの与えた課題は「ニューヨーク恋物語」「そして北京の再会」…

途中バラ園で、一般の?人を頼んでポートレイト撮影もしてみた。

f0079943_16145365.jpg


やはり、人を撮るということは楽しいなーと思って激写する生徒さんを見ていた。

ほんとに、緑のきれいな季節で、どんな所にも自然の魅力が潜んでいる。

f0079943_16151774.jpg














そしてこれも恒例、大懇親会も新宿の居酒屋貸し切り状態で行う!!
[PR]
by y_kmsm | 2011-05-16 15:46 | 写真

大切なもの

先日、震災地で失われたものを探しに行き、持ち帰る物の中に
必ず家族の記念写真があるという話を書いたが、ロシアのチェルノブイリ
原発事故の時も一時帰宅の時に持ち出したものは、「愛読本」、「手紙」、
そして「家族の記念写真」だったそうです。

ユーリー、シチェルバク著「チェルノブイリ~の証言」の中に

「それらは深く個人的な世界、現在だけでなく、過去と未来に生きる人間の
     非常に傷つきやすい世界を作り上げる品々であった」 とある。

震災で失われそうになる、過去と現代とをつなぎあわせ、
自らの人生を取り戻そうとする品々なのだろう。

それはロシア人も日本人も気持ち、心情は相通じるものがある。

毎日新聞の記事の中にも「仏壇に水を」、「アルバムと位牌」、「年賀状のファイル」
、「猫を腹いっぱいにしてあげる」という一時帰宅のひとのコメントが出ていた。

前記の証言集にも「いちばん必要なものは忘れやすいものである」と記してあった。

f0079943_14291814.jpg

                           E-P2


人の大事なものは、家宝でもなく、電気製品でもなく、

不確かになる「記憶」なのだと思った。
[PR]
by y_kmsm | 2011-05-13 14:19 | 写真

写真の力


震災後に聞く多くの話の中で、流されたり、埋もれた中から「家族の写真」を見つけ出す
作業が多くの人や、警察、自衛隊の大事な捜索項目になっているらしい。

そんな中、震災ボランティアに行っている友人からの問い合わせで、
プリント、フィルムの洗浄、水洗いが、可能かという質問が寄せられていた。

実際にフィルムの現像や乾燥、印画紙のプリントの経験がないと
不安になると思う。油分に浸透したものは難しいかもしれないが、泥に汚れたもの
程度は、光沢感が無くなり完璧でないにしろ復元可能だという返事をした。

この件を話していて、デジタルのデーター、インジェクトプリント紙などは水に
濡れた場合、復元は難しいだろうな、と思った。

フィルムや現像したプリント紙は必ず水を通して処理しているので、水洗いも
可能なのだが、水に弱いデジタル関係は不可能だろう。

ともかく、家族にとっては写真と言う過去の記録はとても大事な、お金では買えない貴重品なのだ、

これこそ「写真の力」を感じる話しだった。

f0079943_14204538.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2011-05-09 14:22 | 写真

復元


やっと五月晴れと言う感じの今日の天気。

数日間、体調不良でぐずぐずしていましたが、今日天気のような快調感が戻ってきました!!

昨日は4教室があり、声がもつか心配でしたが、喉飴と皆さんの気づかいで、
何とか夜のプレミアムクラスまで頑張れました。

また、お見舞いメールも頂きました。

「ご心配いただきありがとうございました。」

こうして皆さんに支えられて、GODはやる気満々になるのです。(感謝)

f0079943_1571746.jpg
  
[PR]
by y_kmsm | 2011-05-08 15:07 | 写真

世の中


連休後半、しかし小生は…

今月に入り、イマイチ体調がすぐれないのだ。
スギ花粉の季節も終わり、快調なはずが…すぐれない。

咳に悩まされ、睡眠も不足気味
今日は声も擦れ、頭も重い…

あと二日しっかり休んで、体調を戻さないと…
今年になり2回目の体調不良、しかし不思議と2回とも
休みの日になっている。

早くスカッとなり、どこかに写真を撮りに行きたい~ 

f0079943_1422027.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2011-05-05 14:03 | 思い

福島の酒

昨日、成田空港近くのラディソンホテルで「福島の酒と、千葉の野菜」を使った、
食事会に行ってきた。

震災を受けた、福島の酒造「榮川」の蔵で被害を受けなかった銘酒5品と
風評被害を受けている千葉の野菜、肉を食し、会費を震災支援金にするという企画。

日ごろ日本酒を飲まないのだが、なかなか手に入らない吟醸酒4品は料理に合わせて
出されてくると、白魚、煮物、フォアグラ、子牛肉、に絶妙な味の広がりを感じる!!

非常に贅沢な支援企画だが、東北の酒を見直すにはナイスパフォーマンスだと思う。
福島の米が生み出す「日本の酒」をこの際世界にアピールすると社長は言っていたが、
元気に復興してもらいたい。

オープンキッチンで料理される千葉の野菜と肉の「和と仏の料理」も、絶品でした。

f0079943_1415365.jpg


こうして日本の食を世界の玄関口成田空港近くのホテルでどんどんと
食してもらい、安全と味の良さを広めてもらいたいな!
[PR]
by y_kmsm | 2011-05-01 13:51 |