写真家、講師、として活動中、ファットフォト写真教室では、受講生を募集しています。              写真の使用を希望される場合は  お知らせください。


by y_kmsm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2010年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

心模様は


あの照りつける太陽が懐かしく感じるほど、陽の光が恋しい


季節はゆっくりと移り変わり、いつしか秋だなと感じる心の余裕がほしいな

体の準備、服装の用意、気持ちの切り替えができて移行してもらいたい。

先日行った海も、一気に風も、気温も、人も、秋になっていた。

でも水温はまだ夏の暖かさを保ち、外気より暖かく感じる、
そんな話をフリーダイバーの方から聞いたことがある、「水はゆっくりと季節を感じる」と

f0079943_1452980.jpg

                           OLYMPUS E-30

もうすぐ十月、穏やかに過ごせる時であってほしい。
[PR]
by y_kmsm | 2010-09-29 14:08 | つぶやき

江ノ島

危うく晴れ男伝説が破られそうになった。

昨日の江ノ島撮影会は、朝快晴!台風を追いやり記録達成だー
しかし、午後になると雲が出始めて夕景の撮影時には曇天になってしまった。
う~ん、遂に記録は止まるのか…

でも、何とか撮影会時間中は雨もなく無事に終了。

打ち上げを鎌倉で開催!!

その席で、何と☂雨女子が2名も居た事が判明、しかも強力なパワーを持っているらしい。

なんとなく疲れを感じたのはこの2名との戦いで、GODパワーが全開だったのだろう

しかし、夕日は見られなかったが、見透かすと青味の強い海の色、グリーンを帯びた雲、
これもきれいな自然色だと思う。

f0079943_14374124.jpg

                          OLYMPUS E-30

写真はそんな自然の微妙な色を見極め、味方にする事だと思う。

f0079943_1438451.jpg
                                                    
[PR]
by y_kmsm | 2010-09-27 14:36 | 写真

寒い

という言葉が出そうなくらい涼しい朝


今週末から10月末まで、ほとんどの土、日、スケジュールが一杯になった。

今週の江ノ島撮影会をスタートに、撮影会、講演会、撮影会、講評会、ツアーと続く。

こんな時に気になるのが天候だが、今まで雨で中止になった事がないのが自慢(GODPOWER)
国内ツアー、海外ツアー、撮影会、ともに☀

梅雨のころの撮影会ですら、晴らす!
昨年のツアー出発時に降っていた雨も、☀出す。
アラスカでも、風もなく、☀の連続で連日オーロラ撮影ができた!

今週末も台風予報だが、明日まで荒れ模様が明後日は快晴になるぞ☀!


個人的には雨も、雪も友達と考え、それも写真的には美しいと思うが、
多くの参加者のことや機材の事を考えると、やはり楽に動ける天候がいい。


さてさて、明後日の天候は如何に☆

f0079943_1337039.jpg

[PR]
by Y_kmsm | 2010-09-24 13:26 | つぶやき

時空

過去に戻りたい?という問いに
あなたはどう答える?

小生は過去には戻りたくないと即答する。

昨晩NHKの番組で、過去にできなかったことを過去に戻りやりなおしたいか?
とゲストの[福山雅治」に聞いていたが、竜馬は”やはり(戻りたくない)と言っていた。


その時にできなかった事は(力がなかったから)で、勉強不足やパワー不足
判断力不足、選択力不足、等々 今ならできることが悔やまれるから
人は「あの時に、」と思うのだが、これからできること、と考えれば
可能なことはたくさんある。

「前向きに」ということは今からできる事を見つけること
過去にできなかった事も、今ならできる!
今できない事も、これからならできる!

やっと体調も完治し、やる気満々の今日でした。

f0079943_1432149.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2010-09-22 14:16 | つぶやき

今日も

体調がすぐれない…

もう3日微熱が続き、体がだるい、

昨日はビキナー3クラスあり、60人200枚の写真を見ていた。
朝出かける時はダルさで自信がなかったが、講義を始めると
少しずつ元気が出てきて、夜のクラスの時は絶好調!!
声はかすれ始め、立っているのがつらくなってきたが、無事に
一日の授業を終了した。

毎月一回のクラスなので、楽しみに来てくれている生徒さんには
何としてでも楽しい雰囲気で過ごしてもらいたいという思いが、
最後まで頑張らせたのだろう。

今日一日は死んだように静かに休んでいようと思う。

                                          浮遊感
f0079943_1459322.jpg
     
[PR]
by y_kmsm | 2010-09-19 14:40 | つぶやき

秋バテ

という症状があるそうだ。

特に今年のように長い夏の時に、体を冷やしすぎたり、
冷たいものを飲みすぎたりで、秋口に体調を崩すらしい。

昨日から体がだるく、飲み会に参加せず帰宅した。
体温を測ると7.8度 軽い微熱なのだが、熱に弱い
小生は微熱でも重体のようになるのだ…

今夜も、明日も仕事なのだが、あと数時間で何とか体調を整え
出陣しなくてはならない、

特に明日は終日教室がある。
ビキナークラスが続くから弱々しい授業はできないし、元気な声で
トークしなくては申し訳ない、何とか今日中に体調を整えなくては…

f0079943_1510063.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2010-09-17 14:58 | つぶやき

9.11

2001年9月11日

この日は忘れられない日

偶然テレビを点けた時、惨劇を目にしたあの日

写真の方向性を変え、新たなものを模索していたあの日

現実(報道)から創造(アート)へ混沌としていたあの日


CSテレビのチャンネルでアメリカの特集番組が連日流れている、
追悼番組では国歌と星条旗が今も続く中東戦争を正当化し
国家陰謀説ではやたら非科学的な論争をしていた。

陰謀説は部外者的目で見れば面白いし、ありうると思えることも
なくはない、過去の(真珠湾攻撃)、(JFケネディー暗殺事件)
ともに多くの書物が出ている。

でも時間がたつと忘れがちなのが、そこで亡くなった犠牲者の死という意味が
利用され、陰謀だ国益だというすり替え論が独り歩きしてしまう。

CS放送で見た何本かの番組が、すり変わりつつあるのを感じた、
時間が過ぎ、大事な事を見失い始めた証拠だろう。

いつか真実が解明されるのだろうか、でも(真珠湾攻撃)も(JFケネディー)
も真実は語れてない。


9.11 あの時、写真の事を考え、模索していた日 

f0079943_15153941.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2010-09-14 15:02 | つぶやき

五感で


夜に車を運転していて窓を少し開けてみた。

エアコンでは涼しすぎて、窓を開けると心地いい風が
車内に吹きこんで、一気に夏が過ぎ去った感じがした。

3ナンバーの車でエアコン全開の今年の夏は、エコではなかった。
燃費の悪いツインカムエンジンにエアコンを組み合わせると、
リッター5~6キロなのだ。

今まで燃費など気にせずガンガン走っていたが、今年の長い夏で
初めて、エコではないと実感、そうなるとガソリンの消費率が頭を
よぎる、でもこの加速感と高速の安定感は捨てがたいし、うゥ~ん

明日から涼しくなるという
エアコンを控えめに、夜などは窓を開け体感温度を五感で確かめながら
走るとするかな。


「写真の露出を五感で感じろ」と若いころ先輩に言われた。
刻一刻と変化する夕暮など露室計に頼らず3分ごとに補正していくと
目で見た感じの色になる、機械が判断する明るさと視覚で判断する明るさ
の違いをある時に感じた。


便利になった機材と五感を瞬時にコントロールできたら少しエコかな…

f0079943_1356474.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2010-09-13 13:54 | つぶやき

やっと

雨が降り、幾分暑さが遠のいてきたかという今日です。

昨日は「白露」、草木に露が多く付き始めるころという意味で、
昼夜の寒暖のさが付き始めると露が降りて、しっとりとした
秋の空気が、深夜などに感じられるのだろう。

そして月が夜の主役になり虫の声とともに輝く季節
初秋、中秋、晩秋、と秋は移ろい時は色付く。

初秋に「江ノ島」、中秋に「湘南」、晩秋に「新潟」
と撮影ツアーは続く。

晩秋に訪れる「新潟撮影ツアー」は10/30,31にバスで
越後の山村にある小学校の廃校に泊まり、色付いた田園風景、
棚田に広がるアート作品、などを撮影して回る。
昨今、日本の田園は海外の写真家に人気があり、特に棚田は独特の美を感じ、
幾何学模様の田は写欲をそそる。

農業体験も今回の目玉で、どんな体験ができるかお楽しみ!!

興味ある方は以下へアクセスしてください。
http://phatphoto.jugem.jp/

f0079943_14232562.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2010-09-09 14:10 | 思い

最終目的は

写真における最終目的は、

そんなテーマでプレミアムクラスの授業をやってみた。

日本の写真文化はプロからハイアマチュア、ビキナーまで含めたら
世界でも断トツな写真人口を持ち、作品を作るという意欲をもっている国。

でも大多数の写真ファンは撮り、プリントして完結し、その後の目的を
持ってない。いいところ作品展までもっていき、満足してしまう。
その後プリント作品はどこかに終われ、陽の眼も見ずにお蔵入り
になっているのではないか。
f0079943_14525964.jpg


自分の部屋に飾り、人が来たときに話題にする、そんな事だけでも
写真ライフが広がり、一杯の酒も美味しくなるのではないかな~

自信を持って写真を飾る。部屋の壁の色に合わせマットで彩ったり、
額装をしたり、ライティングで引き立てたりして楽しめないだろうか、
f0079943_14533266.jpg












という講義内容で、フォトプロディューサー「柿島 貴志」とワークショップ
をしてみた、実際に額のサンプル、マットの色見本なども持ってきてもらい
この写真はどんな色の額で、どんな場所に合うかとか、写真展の会場選び、会場のレイアウト
等々、長時間に及ぶトークトークでした。
f0079943_14535883.jpg

「撮るまでのノウハウを教えるのが教室の役割」という概念を超えた授業だったと
思うし、見せるというカテゴリーも今後のカリキュラムに入れて行こうと思う。
[PR]
by y_kmsm | 2010-09-06 14:26 | 写真