写真家、講師、として活動中、ファットフォト写真教室では、受講生を募集しています。              写真の使用を希望される場合は  お知らせください。


by y_kmsm
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2010年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

緊急告知

8/27日に「満員御礼」と記した 江ノ島撮影ツアーですが、
申し込み人数が止まらずキャンセル待ちの人が20人を超えてしまったために
二回目をすることにしました。

期日は、10月10日に同じ内容で開催します。

今回諦めて、キャンセル待ちに登録してない方もぜひ次回の申し込みを急いでください。


毎回、小生の撮影会に多くの人が参加して頂き感謝です。

より楽しく、実のある一日にしていくつもりです。

f0079943_142223.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2010-08-31 14:02 | 写真

集う


残り少なくなった8月ですが、宿題に出している「夏の終わり」
なんて課題が現実味を帯びてないと思う毎日~

昨日は、「チームオーロラ」の集まり。

11月の写真展に向け、写真選定、用紙選び、サイズの決定、
等々、3時間にわたりワイワイ、ガヤガヤ、ブツブツ

しかし選定された作品はどれも力作で、半年前が蘇えってきましたぞ!!
ほぼ全員が参加の集まりで、その結束力は凄いな!と思う。
厳寒の中で協力しながら数日を過ごした環境がチーム力を高めたかも
しれない。昨晩も暑気払いも兼ねた飲み会で、やはり雪原のアラスカ
談義が盛り上がる。より精度の高いオーロラ撮影に向けリベンジを誓う
数人、大爆発のオーロラを観て撮りたいと願うメンバー、皆、酷暑の中
氷点下の世界に思いを馳せていた。
       
E-P1ファンタジーモード
f0079943_1583216.jpg
                   
[PR]
by y_kmsm | 2010-08-30 14:41 | 写真

募集


早々満員御礼

ありがとうございます。8/27


いつまで続くのか、聞き飽きた「暑い」暑い~

でも少し涼しくなる頃の9月26日に久しぶりの撮影会をやりますぞ!!

定番スポット「江ノ島」です。

撮影に協力的な「新江ノ島水族館」でクラゲやイルカを人とは
一味違う撮影方法を伝授するぞ!!

そして江ノ島片瀬海岸で初秋の海と夕景を撮る。

そのほか江ノ電に乗りながらの車窓撮影

毎回キャンセル待ちの撮影会にぜひ早めの申し込みをして、
初秋の一日楽しく写真撮影を楽しみましょう。

今日は告知記事になりました。http://www.ppschool.jp

f0079943_23583444.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2010-08-26 23:56 | 写真

帰り着く所

今年の夏も、一番いい所は我が家の椅子。

お気に入りの場所にある古い椅子に腰を下ろすとと、根が生えたように
動かなくなるのだ、エアコンの風がそよそよと顔に当たり、お香の香り
が遠くから香る場所。そして窓辺の観葉植物が日差しを遮る場所でもある。

昼の時は冷たいアイスコーヒー、夜はもちろんビール!!
夏のお気に入りの場所で、夏だからと別に何処にも行かなくても
根が生え、心地い風に吹かれ、香の香りに癒される。


今年も遠く第二の故郷から声がかかった。
美味しい味覚、きれいな海、暖かい人達
ここも小生にとって帰りつく場所。

f0079943_043524.jpg

                     明倫小学校
[PR]
by y_kmsm | 2010-08-25 00:04 | 思い

帽子


自分にとって似合わないと思うこと、物がある。

学生時代に大学の就職募集課?の廊下に企業の求人広告が張り出されていた。
金融人気の時代で銀行、証券、関係はすぐに締め切られていたが、公務員、教職
関係はいつまでも募集中だった。今なら信じられない事だが、

その頃小生も一番ならないだろうと思っていたのが教職関係で、先生と呼ばれることなど
想像もしていなかった。しかし、今は写真の講師としてたずさわっているぞ、

そんなふうに自分には不釣り合い、似合わない、嫌いなどと思っていたことが、
意外と性に合っていたという事が最近判明”した。

小生は帽子、キャップの類いは似合わないと決めつけていたし、
頭に載せるものは東洋人には似合わないと思い、かぶったことがなかった。
撮影の時に買って、一回のみという帽子、キャップが数個あるが埃をかぶっている。
しかし先日生徒さんから、あるお礼にと帽子を頂いた。
何と、被った瞬間に頭に馴染んだ感じがしたぞ!!


そうなると、お世辞と思いつつも似合うといわれてその気になる小生…

家に着くまでジュリーふうに斜めにかぶったりして一人楽しんでいた。


f0079943_13442977.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2010-08-23 13:25 | 思い

話しは熱くても


気温が35度を超え、体温よりも高くなるなんて異常だよ。

そんな昨日、原宿のカフェーでフォトプロデュサー柿島さんと話していた。

柿島氏は仕上げられたプリント写真を如何に楽しくアートして観せて行くか、
という(簡単に言えば)プロデュースをしている。

「大体の写真家はプリントができた段階で仕事が終わり、という感覚があり、
その後の如何に見せ、より写真の持つ魅力を引き出すかという大事な
部分が欠けている。」と言う柿島氏の考えは小生も同感でお気に入りの写真を長く見て
楽しむことをしてないと思う。

ギャラリーでも、店でも、或いは自分の部屋にでも写真を飾り見せる楽しみを
していない、ある程度の金銭も必要かもしれないが、長く楽しめ、人も楽しませる事が
できたらいいな!ホームパーティーをして、そこに飾ったお気に入りの写真の話をしながら
、ワインを飲んだり美味しいものを食べたりなんて、楽しいではないか!!


撮りっ放しではなく、その後の楽しみ方も教室で話して行きたいと
花に囲まれた涼しいカフェーで、柿島氏と話をしていた。

f0079943_14174760.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2010-08-18 14:04 | 写真

終わりかけると

お盆が終わり、毎年ニュースで帰省の混雑ぶりを流すが、どうして同じ絵で、
同じテロップで、同じコメントを流すのだろう。そんなのは交通ニュースで
やればいい、 ニュースとは新しい情報が使命で、今年の現象、今年の世相、
がなくては意味がないと思う。ニュース制作者は楽するなと言いたな ブツブツ


小生はお盆が終わると今年はどこに行こうかと、考える。
9月に入り、世の中夏休みが終わり、学校が始まるころに夏休みをとるのが恒例だ

人が少なくなり、幾らか暑さが遠のき、夜になると虫の声が聞こえる頃に
どこかに行きたくなる。長くは休めないけどな~

一番気が休まり、一番やさしくなる季節に!!

f0079943_13531039.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2010-08-16 13:54 | 思い

日本中

お盆休みの中、フル稼働のGODです。

今日は我が家の墓参、歩いて数分のところにある菩提寺だが、

でも川越は夏休みの人で原宿状態~

お寺に着くのに3倍の時間がかかった。

明日は朝から夜まで原宿道場(教室)でトーク、トーク!!

夏休みでも皆来てくれるかな、

f0079943_0675.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2010-08-14 00:04 | つぶやき

目線

夏の夜、ビールを飲みながらある季刊誌を読んでいた。

H、M小説家の姿勢、目線、方向性、など絶えず巡らされている思考は
尋常ではないな、などと思いながら読んでいた。

写真でも小説でも絶えず同じ目線で捉えていると、読む人、見る人、も
同化し同じものを目撃し体験する「視線同化」ができるという。

たまに出会うのだが、人の理解力を無視した表現、目線がブレ過ぎている、
など作家の一人称がなく、何処から見ているのか分からない多人称では、
見る人、読む人を同化できないだろうと思う。

言葉の裏、写らない情景、壁の向こうなど撮れない空間、
これらを体感、目撃、同感、出来るには「視線同化」する
思考力の伴う目線がなくては…

夏の夜はダークな世界に迷宮する。

f0079943_1517475.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2010-08-10 14:58 | 写真

同窓会


昨晩、銀座で夜遅くまで語り、飲み、食べていた。

3年前までP,P教室が銀座一丁目ティファニー裏にもあった。
地の利もあり大変な人気教室だったが、今思うと銀座教室に通う生徒さんは
三~四年前なのに、ほとんどがフィルムで、デジタルは見かけなかった事を思い返していた。

そんな銀座クラスの卒業生が集まり「神島を囲む会」なるものを開催してくれた。
今年の一月ころから言われていたのだが、予定が組めず昨日になってしまった
、しかし4年ぶりに30人も集まり、その頃の飲み会〃場の居酒屋に集合!!

今でも教室に来ている人、カメラマンになった人、個人教室をやっている人、
フリーペーパーの編集にたずさわっている人等々

あっという間に以前のクラストークになり大盛り上がり!!

小生は、感謝状を頂いたりして感激しまくりの夜でした。

こうして何年たっても集まってくれて写真を語り、楽しく過ごせる事は
悩みながらも、講師を続けてきた甲斐があり、今後も続けて行く原動力になる。
皆に感謝、感謝

f0079943_1418193.jpg

                     「頂いた感謝状」
[PR]
by y_kmsm | 2010-08-06 14:09 | 出会い