写真家、講師、として活動中、ファットフォト写真教室では、受講生を募集しています。              写真の使用を希望される場合は  お知らせください。


by y_kmsm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今年の夏は

暑中見舞い申し上げます。


猛暑の続く毎日ですが、みなさんお元気ですか!

群馬、岐阜県の方は特に体調管理をしっかりとして,最高記録に耐えてください。

小生の7月は諸々ありました。
前半は、体調不良(風邪らしき喉の変調)、足も痛めたし、疲れも溜まっていた。
後半は、エアコン騒動で、まずリモコン行方不明事件(遂に捜索を断念した。)
そして、ネットで見つけ作動したのだが、今度は室外機がダウン~
確かに、もう長く使っていて修理部品もないらしく、室内、室外全とっかえだー

そこで新しく購入しようとしたのだが、配線、配管が壁埋め込みで、しかも
一台の室外機で3台可動マルチタイプという難工事が予想される機種

配管をクリーニングしてから工事に入るが、前の機材を撤去してから据え付ける。
だが… 見積もりを見て  ガぁ~ン ふつうの家電機種の3倍 トホ~ホ そんな7月でした。


しかし、今年は命にかかわるかもしれない猛暑、ブツブツ言ってはいられない。

せめて写真だけでも、爽やかな空気を感じてください。

f0079943_1320743.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2010-07-28 13:16 | 写真

メモワール

少し前に「都写美」で開催されていた、写真展「古屋 誠一 メモワール」
に行ってきた。(やっと)

8年目になろうか、新宿のニコンサロンで初めて見た「古屋誠一」という人。

ニコンサロンの一番狭い会場で、ひっそりという感じで開催されていたが、見る人もなく
小生一人でしばらく浸っていた。

今回の「メモワール」でも展示されていたが、奥さんであるクリスティーネさんの
記憶ともいうべきポートレートは、8年前、小生をくぎずけにした。精神的病から
自殺したクリスティーナさんをいつも同じ目線で、見守り、慈しみ、記憶に留めようと
している写真は、当時日本の写真界から「自分の身内の不幸を発表することは?」という
批判めいた論評を受けていた。

しかし、自らの被写体を一番愛する妻に向け、撮り続けた「古屋」さんに、小生は
敬意を表したい。

今回は集大成的に124点を展示し奥さんの写真のほかにペットの猫、ウサギ、花
など、ゆるやかに生き、死に行くものに正面からカメラを向け、流れて行く時間を
しっかりと捉えていた。


こんなふうに、向き合え、慈しみ、静かに、写真が撮れたらと思う。

f0079943_14235345.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2010-07-26 14:19 | 写真

夏のアイティム

昨晩、仕事帰りに駅から歩いていてクラクラとしてくる位の暑さと湿度だった。
電車の中が涼しいからよけいに応えるな~

プライベートルームのリモコンが行方不明で捜索願中の中、
熱帯夜の救世主は扇風機だ。窓を少し開け,生温かいが何とか睡眠は確保!!
リモコンや何処へ~

そんな暑い土曜日に、新クラスが開講した。
20名で教室のエアコンも全開しフル稼働!
今回の10Hクラスには、「GOD]を指名して入ってきた方が4名も
いた。以前ワークショップで会った方、在校生の推薦で、ウェーブで知った方、
といろいろだったが、とても有り難く、うれしい事!!

例えどんな状況でも(体調が、仕事が連続で、)全力で一人々に向き合わないと
生徒さんは厳しい評価を下すだろう、と戒める。

f0079943_14491139.jpg



9、10、11、月のワークショップと撮影ツアーが決まった。
9月は湘南、10月はバスで一泊新潟、11月は都内イルミネーション撮影
を予定しているので、要チェック。
[PR]
by y_kmsm | 2010-07-22 14:42 | 写真

さー

体調も完全復活! 同時に夏本番。

しかし、何と我がプライベートルームのエアコンが使えなくなった…
壊れたわけではなく、リモコンが行方不明になったのだ。
緊急用に強制ボタンがあり、作動はするのだが調整ができず
この暑さの中、緩やかな、中途半端な風しか出てこない。

リモコンは一体何処へ言ったのか、いまだに姿を現さない。

しかしリモコンがないと操作ができないなんて、便利の不便

ネットで同型のリモコンを発見したが、数日はリビングで涼み、
プライベートルームは久しぶりに扇風機が出番になった。

ビールの季節、団扇と蚊取り線香で昭和の夏を楽しむか~


f0079943_13485785.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2010-07-20 13:49 | 思い

思うこと

梅雨明けもソロソロのようですが、

喉の調子が悪くハワイでは声が出ず、ジェスチァーでコミニケーション
をとる始末、買い物も、あまりしないし、人の少ないところだったので、
あまり不自由なく過ごせたが、飛行機の中では食事のオーダー、飲み物
の注文には一苦労…

帰ってきても、足の付け根が痛く歩くのにも大変な日があった。
湿度のせいか、気圧のせいか、そんなことで今回マウナ、ケア山(4,200m)
の星空撮影も中止にした。

ここぞ”という時に自由がきかなくては撮影に支障がきたすが、
今回は時間的に制約があったので、優先順位で三か所にした。
f0079943_16102818.jpg


大好きな夏が本番を迎え、体調管理に努めながら、ストップしている
作品展向けの撮影も開始しなくてはならない 頑張るぞー(とかけ声を)
前半の撮影色から後半のイメージも出来てきたので、スケジュールを決め
重い腰を上げていくか~
[PR]
by y_kmsm | 2010-07-16 16:10 | 思い

反省も

今回、新発見に伝説と蛙がいた。

映像には残せなかったが、今も耳に残る声!
夜に撮影していると、頭上から、コキーーコキーーときれいな声が聞こえてくる。
始めは、木の上から聞こえるので、鳥かな~と思っていたがフロントで聞いてみると、
(コキーカエルだよ。)という?えぇーカエル? もう一度外で聞いてみると、透き通る
声で、コキーーコキーー 聞いた事のない声だな~
帰ってきてから検索するが、どこにも出てこないぞ。
f0079943_14401050.jpg

               (コキーが鳴いている木)

英語版(WIkipedia)で検索すると出てきたぞ、家族に翻訳してもらうと
南米産の2~3㎝のカエルでいつの日かハワイに住みつき、木の上で生活する珍しい
カエルだそうだ。写真を見ると茶色のクリクリした目の可愛いカエルでした。
f0079943_14404547.jpg

youtube-bluemoon male coqui singing llf でコキーの声が聞けますよ!!

そして、伝説話のたくさんある中で、「キラウエア火の神 ペレ」の話
火の神ペレはハレマウマウクレータに住むといわれる、今でも信仰の対象で
多くの伝説があるが、今回興味があったのは、火山の石を持ち帰ると不幸が起こる。
という伝説、ガイドの方曰く、「きれいな光を放つ火山石をよく持ち帰ると必ず身近に
アクシデントが起こり、年に10個くらいは日本から郵送で送り返されてくる」
手紙に、火事にあった、事故に遭遇した、などの理由で…ブルブル

今回は海には入らなかったが、植物、カエル、伝説話、など興味ある収穫ができた。
そして必ず撮影できずに終わった場所や、カエルの声を聞きにまた訪れたい。
f0079943_14414822.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2010-07-14 14:32 |

秘境

あまりリゾートと呼ばれる地は興味なく、今回も人があまり行かない地を撮影していた。
キラウエア山のガイドが、行くべし!!と言っていた北部「ワイピオ」「ポロル」の渓谷地帯を目指す。

ビックアイランドの北部は火山の影響が少なく原始のような自然があるという。
ホテルらしきものもなく、往復5~6時間はかかるので時間にかなりの余裕が
必要だろう、ともかく移動手段は車のみ。
f0079943_14201197.jpg


ワイピオ渓谷はハワイの族長が何人も埋葬されている「聖地」1946年の
大津波の時も一人の犠牲者が出なかったのは、神秘的なマナ「霊力」が谷を守っているから
だそうだ。深さ360mあり道は一本だけ、往復4時間かかる険しい道を下ると、
三角状に開けた平地に出る、そこに畑や果樹を栽培し豊富な湧水でハワイ先住民は生活していた。
f0079943_14194382.jpg



今回は時間がなく制覇(ポロルを含め)は諦めて撮影のみにしたが、ここは必ず再来したい。
ノースコハラという北部地帯はキングカメハメハの生誕地で水と緑に育まれ、大地は素晴らしいの一言!!
f0079943_1421925.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2010-07-12 14:18 |

手つかずの

旅、第三弾

ヒロ町のオールドタウンに行く。
f0079943_2221198.jpg


ホテルから車で数分のところに、この町ができた時の姿をとどめたオールドタウンがある。
まるで西部劇に出てきそうな、教会や酒場、郵便局や映画館がそのまま営業している。
でも写真に撮ると、映画のセットのように写りそこそこに移動した。
f0079943_22214262.jpg


右に海、左に山の国道を北にひた走り、未開の自然を堪能!!
運転も右側通行と左ハンドルに慣れ、快調にドライブをした、
サトウキビ畑、牧場を見ながら今日の目的地「ホノカア」を目指す、
2時間位で、海辺の小さな「ホノカア」町に着く。
f0079943_22221694.jpg


f0079943_23345586.jpg


映画で出知られたホノカアの町は、小さくて人の少ない静かな日系人が開いた町だった。
15分か20分で一周してしまうくらい小さく、白人や日本人観光客は見かけず、
のんびりと散策できる。歩いていて気がついたが、この町の横道からは必ず青い海が見える。
そんな風景を映画では写真家「市橋織江」さんが撮影していた
www.honokaa-boy.jp/

遅めの昼食をとるため、これも小さな食堂に入る。
壁も天井もレインボーカラーなのだが、カウンターもテーブルも手作り見たい!!
ボリームたっぷりのチキンサンドとコーラで満たすと探索に入る。
別のテーブルにいたスイス人ファミリーが出たあと、店のアルバイトをしている
まだ16歳くらいの娘に壁の写真の事を聞くと、「ホノカアボーイ」の撮影の時に
オープニングパーティーをしたという。
f0079943_22232054.jpg

道の反対側に、これも撮影場所の映画館がある。今でも週に2~3回上映するという。
店先にロッキングチェアーを置き、ユラユラと昼寝する老人、ベンチで新聞を
読む、人、ここは時がゆーるく流れている町。













f0079943_22235974.jpg
















次回は、時間がなく目的を果たせなかったが、楽園を垣間見た話。
[PR]
by y_kmsm | 2010-07-11 22:08 |

旅の発見

報告の第二弾

ホノルル空港から乗り換えビックアイランド(ハワイ島)ヒロ空港に着く。

空港はのどかなローカル空港でヤシの木で作られた天井や通路は、気持ちを
南の島にしてくれた。
頼んでおいたレンタカー(ほかに交通手段がない)で、ひとまずホテルに行き、
一休みしていると、ウトウトとして、気が付いたら8時を回っていた。
シャワーをして着替え、ホテルのレストランに行くと8時半、ガーン~オーダーストップだ。
f0079943_203485.jpg

                ホテル前の夜景

周りは店もなく、暗いぞ… 状況がつかめてないので夜の運転は控え、
部屋でビールとスナック菓子で何とか飢えをしのぐ。


翌日、キラウエア火山の撮影に、
f0079943_2044964.jpg

                   キラウエア山の山頂からの火口

ビジターセンターガイドの方と火口までのトレッキングに出る。
この島の原種の植物の話を聞いたり、伝説を聞いたりしながら
初のルートで火口に降りる。広大な火口は現在制限されているため、
人は見かけず、我が探検隊のみで地球を一人占めした感じ。しばらく
火山の流れた痕跡を撮り、割れ目から噴き出す蒸気を浴び、大地のエネルギー
を体いっぱいに取り込み、また違うルートで山頂に、
ガイドの方が見つけた原始のような、まるでジェラシックパークの世界のような、
そして静寂な、自然に満ちた世界を歩きながら、しっかり撮り込んだ。
f0079943_205401.jpg

                  ジェラ紀のような道


f0079943_2063785.jpg

                   悲恋伝説のオヒア、レフアの花




f0079943_2081056.jpg

                        名も分からないシダ


山頂に着き、鳥の声も、虫の鳴く音も、無いのに気がつく。


第3弾をお楽しみに!!
[PR]
by y_kmsm | 2010-07-08 17:27 |

帰ってきました。

しばしのお休みでしたが、無事に帰ってきました。

6月の27日に成田からハワイに!ホノルルから乗り換えの後にハワイ島のヒロへ。

「ビックアイランド」といわれるように、大きな山と(4000m級)広大な面積の島で、
まだ未開の自然が多く残り、古きハワイを満喫できる、時の長い島です。
f0079943_1655064.jpg


目的は、キラウエヤ火山のトレッキングと撮影、島北部のホノカワ、ワイピオ渓谷の撮影。
f0079943_1661580.jpg


心配した雨もなく、日焼けを気にしたくらいの天候(またもGODパワーで)、
車での移動もハワイ独特の交通法規を事前に頭に入れ、無事に移動ができた。

まだ、写真の整理ができず、詳しい報告と写真は後日にさせてください。


また現地ライブも予定していましたが、wi FI が使えず断念、そのくらい素朴な島でした。
      
[PR]
by y_kmsm | 2010-07-04 16:06 | 写真