写真家、講師、として活動中、ファットフォト写真教室では、受講生を募集しています。              写真の使用を希望される場合は  お知らせください。


by y_kmsm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

月末です。

先日実現できなかった事を昨日実行!!

まず銀座のキャノンギャラリーに行き、写真家O氏と会い
打ち合わせを済ませる、そしてリコーリングキューブギャラリーに移動して
「アレックス、プレガー」写真展を展示初日の空いている空間で堪能した。

「アレックス、プレガー」の写真は計算しつくされた空間とポップな色彩
で、いいなーと思うのだ。 作り込まれた時間の瞬間を切り取る手法は、
何かドキュメント風にすら感じる。ロスの乾燥した空気感が心地いいのだが、
何か危険な過去(60年代の)すら伝わる感じがする。
f0079943_15403635.jpg
























夜は、珍しくクラス展の相談に乗る、

デニーズでカレーを食べ、コーヒーを飲みながら一人ひとりの
写真を観て、展示アドバイスをしたのだが、教室では言いきれない
ことも、言えたりしてこんなサロン的写真談義も悪くないなー

さー明日の土曜教室が終わると、小生もプチ連休に入る。
[PR]
by y_kmsm | 2010-04-30 15:27 | つぶやき

最後に

午後の仕事を終えて、銀座に行った。

知り合いの写真家の写真展に行くつもりだったが、直前に
日曜日は休館だと分かり、断念。

急に空腹を感じ、何回か行った天ぷら屋に行ったが、ここも
引っ越して閉店中~

ではリングキューブの写真展でもと行くと、何とここも
入れ替え中で休館~

こんな日もあるさ、、、、


給料日後の銀座は買い物客がかなり人が多い
ではと、その流れに乗り初夏の洋服の買い物に参加!!
三点買って、この日の空振りショックを解消。

帰りに思い立って、歌舞伎座に
f0079943_1475342.jpg





















                                 携帯で撮影

近日中に新しい建物の工事に入ってしまうので
、休館”~いや旧館を携帯で撮影しておこうと行ってみると
、同じ思いの人が数人カメラを構えていた。

何か、疲れた一日だったな~
[PR]
by y_kmsm | 2010-04-26 14:15 | 思い

再訪


日中に時間が取れたので、我が家から車で30分くらいのところにある
、「遠山記念館」を訪れた。

川越市の隣にある「川島町」という小さな町にある。

田園風景が続く道を走ると、忽然と白壁に囲まれた邸宅が現れ、
大きな長屋門の奥に大正末期から昭和初期に建築された家屋が見える。

以前にも訪れたことがある、というのは同時期に建てられた我が家の
建築様式と似ていて、同じ職人が携わった可能性があったのだ。
天井の素材(我が家のは屋久杉)、柱の材木、欄間の意匠、等、今では入手
困難な素材が同時期に建てられた日本家屋として類似を感じていた。
f0079943_14533126.jpg


某証券会社のオーナーであった遠山家は大正時代の風雲児として財を得て
粋を集めた建築と、東洋美術の収集(美術館も併設)で有名になった。

何度来ても懐かしさと、民間人の文化の高さ、を感じ、庭園も含め
これからの花の季節に一度訪れることをお勧めする。
f0079943_14541831.jpg

www.e-kinenkan.com/home.htm

夕方までの時間、日本の美を堪能した。
[PR]
by y_kmsm | 2010-04-22 14:39 | 写真

新たな


昨日、教室を卒業して2年位になろうかという生徒だった
R,Hさんが、我が家に訪れてくれた。

今のようにアルファベットのクラス名ではなく、委員長の名前がつく
クラス(山田クラスみたいに)だった。場所も銀座、新宿のころで
、ほとんどが女性で男性が一人、二人が多かった頃のクラスの方だ。

連絡を受けて待っていると、彼を連れてきた。

結婚を決めて、親戚に紹介する前に小生に報告に来てくれたのです。(うれしいな~)

夜遅くまで、食事をしながらお酒を飲み、仲間のことなどを語っていると
、思い出したかのように(友人が教室に入ったかも?)と言い出した。

調べてみると、17日に開講した新ビキナークラスの名簿にその方の名前があった。

アメリカでのセミナーで知り合った友人らしいが、最近会ったときに
「写真を勉強したので、教室に入った」という話題を、思い出したのだ。

婚約者の前で、昔の(数年前)仲間の話ばかりで申し訳ない気がしたが、
彼はニコニコと聞いていてくれた。  次回は彼の話を聞こう。

こうして写真の輪は広がり、まだまだ新しい人間関係ができて行く。

f0079943_13542476.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2010-04-19 13:44 | 写真

筋肉が

一昨日、久しぶりに愛車を洗ったのだが、なんとなく汚れが落ちてない感じ。

汚れ落としのワックスで擦り始めると、下からきれいな素肌が!!
よし!!磨くかー

新しいワックスを買いにカー用品店に行き、最新の液体ワックスを買う。

何と、垢の如くぼろぼろと古いワックスが取れる。
その下から、従来のパールホワイトの色が蘇えってきたぞ!

実は、今乗っているのは中古車。

展示場で一目ぼれで即決、手付金を払い後日購入した。
アメリカの輸入車扱いで、保険料が高いのにびっくりしたが、
BOSEのオーディオ付きも気に入ったところと、
高速道を快調に飛ばせるタイヤとツインカムのエンジンは快調そのもの!

話は戻るが、ワックス掛けは途中で止めるわけにいかず、
遂に3時間をかけてしまった。

しかし夕日に輝くボディーは本来の輝きを取り戻したが、
その日の夜から腕と肩が張ってきて、今日は筋肉痛、、、、

日ごろの不摂生が二日後の筋肉痛となって現れた。
やはり、スポーツジムに行くかな~

f0079943_1304182.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2010-04-16 01:21 | つぶやき

また

来年まで、関東の桜はお別れだ。


7年前位から、桜を撮り始めその年々の撮り方をしてきたが、
一体何時になったら、自分の桜に行きつくのかな、というくらい難しいな、

多くの写真家が、多くの桜を撮っている。

別にネイチャー系だけでなく、あらゆるジャンルの方が撮っている。
それだけ、人を魅了する力があるのだろうし、一季に明るく暖かくなる
気候にもあるのだろう。平安の昔から山桜を愛で、酒を酌み交わす習慣が
今に伝わる日本人のやさしさを「花時」に自分を含め感じられる。

来年はどう撮ろうか、いや撮らせてもらおうか、

f0079943_1315354.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2010-04-14 13:09 | 思い

過去

古屋 誠一  「脱臼した時間」

最近購入した写真集

7年前に出会ったドイツ在住の写真家

今日の雨に似合う写真


悲しい過去なのだが、レンズを通した距離を感じさせ
見ている者に、自分の過去の如く語りかけてくる。

近づこうとすると離れていく、一定の距離が絶えずあり
緩やかな過去に生きている作者の心象なのか、、、、、

今日の雨の日に見てよかった写真集

f0079943_1415193.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2010-04-12 14:12 | 写真

一休み


今月の前半は、一休みという感じ。

一月から続いた、企画もの、ツアー、写真展、と神経を使った
スケジュールが一段落して、4月からの新規開講、企画を迎えようとしている。

メリハリのないアクションは無意味といつも思う。
ヤッツケ仕事や、惰性仕事、そんなものは拒否するというのが信条。

それには、息つく時間や充電期間が必要で、今がその時のようだ!
本を読み、音楽を聴き、自然に接する、今がその時だ!


そして新期を迎え、モチベーションを上げていく。

秋までの、スケジュールと企画を考え、教室にも新しい情報と知識を
身につけて臨もうと思う。
f0079943_1445098.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2010-04-09 13:53 | 思い

ライブ

久〃ぶりにライブステージを聴きに行った。

「JAMIE CULLUM] 

ジャンルを超えた感じだが、ジャズの心を持って模索 追及した楽曲だったり、
客席に降り、通路で路上ライブ的に演奏したり、パフォーマンスも
30歳の若さでパワフルに楽しませてくれた。

ライブ会場は新設の後楽園JCBホール。

この場所も初めてだったが、音響設計、見やすさ、ともに凄いぞ!

造りは、ヨーロッパの劇場を意識した三階とアリーナ席からできていて、
2階以上のバルコニーはシェークスピア劇を観ていても違和感無い感じの
造りだったな、

時間を作ってでも、たまには新しい音楽を聴かなくてはと実感した次第、ハイ

外は冬か?と思うほどの肌寒さ、これで桜も延命だなー
f0079943_14581572.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2010-04-08 14:42 | つぶやき

花時

満開の桜で桃色に染まる時を「花時」という。

この季節、新しい出会いと別れの季節
そんな時に乱漫と咲き急ぎ散る桜は、日本人にとって移ろう「時」
であり、心の思いを想起させる「心像」そのもの!


小生のまわりでも、出会いがあり、惜しくも去る者もいて
今日の満開の桜はそんな「時」を心像させていた感じ。

日本人の感性はそんな心の波紋を爛漫の桜の例えるやさしさ
を持っているのだ。

カメラを向けた時にそっと「心像」を感じてもらいたい
f0079943_2345244.jpg

                   
[PR]
by y_kmsm | 2010-04-06 23:46 | 思い