写真家、講師、として活動中、ファットフォト写真教室では、受講生を募集しています。              写真の使用を希望される場合は  お知らせください。


by y_kmsm
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2010年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

やってきましたぞ

昨日は、第五週の土曜日なので教室はなし、

でも第一週がお正月だったので、変則スケジュールになり
今週は唯一、東洋学園大学の講座があった。
午後は何もないので、車で出かけた。行きは快調に景色を楽しみながら
ドライブできたが、講座後に受講生のみなさんと久しぶりに昼食を楽しみ、
帰りの高速に入ろうとすると、大渋滞で少しも動かない…

一時間で帰れるところが、2時間半かかったぞ、、、、

土曜日と月末が重なりの渋滞かなとブツブツ言いながら帰宅。
結局、新しいレンズのテストもできず、日が暮れてしまった。

車を運転中も、何か鼻がムズムズしていたが、今日のニュースで
どうやら花粉が飛来したらしい。今年もいよいよ戦いが始まる。

f0079943_1343813.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2010-01-31 13:27 | 写真

数年前の記憶

今月も、新しいクラスが2クラス始まった。

f0079943_13553895.jpg


一月開講が10A,10B,という10が付くクラス、
10年開講という意味の数字だが、過去にはアルファベットのみ
のクラス、その前は委員長の名前や愛称を付けていた。

先日のトークショーのときに卒業した生徒さんも多数来てくれて
久しぶりに話もできたが、思いま返せば7年前の名前クラスの生徒もいたし、
アルファベットの生徒もいた。そして、一月スタートし、まだ一回の授業
しかしてない10のクラスの人もいた。

小生がこの写真教室を受け持ってから何名の方の写真を観てきたのだろうか、
700~800人になろうか、地方も入れると1000人になるだろうか、
顔と写真がスライドショーのごとく思い浮かぶ。

皆、写真を楽しんでいるのかな、としみじみ思った。

10年開講クラスの新しい顔と写真を記憶させながら、
今年の6月で、7が付くクラスもいなくなるさびしさも感じる。
[PR]
by y_kmsm | 2010-01-29 13:31 | 思い

早くも


一月が終わろうとしている。

正月明けから、日曜日はイベントが続いた。
写真展、講評会、トークショー、と

時間が早く感じられるのはいいことなのかな、と考えていたのだが、
追われることで考えることが疎かになり、「仕事をこなす」という状態は
避けなくてはいけない。

最後のトークショーのときは事前に考えた内容で、自分でも納得いく
話ができたと思うのだが、もう少し時間が必要だと反省。

テーマ、コンセプト、を決める前にもっと「根ざしたもの」が必要だということ。

このことは今後時間をかけて身につけ、教室でも話して行けるように
しようと思う、その為にも「考えるい時間」を大事にしていきたい。

毎月、月末になると何かしら反省を込めた事が思い返される。

f0079943_15325793.jpg

                         「E-P1」
  
[PR]
by y_kmsm | 2010-01-27 15:22 | 写真

汗かきカキ


昨日の日曜日、何とスケジュールがブッキングしていた。

以前から、入れてあった講評会の時間に他会場のトークショーが
30分重なっているのに気が付いたのは、1月に入ってから、

小生に時間の確認をとらない関係者にも問題があるが、時間の管理を
怠った小生にもミスがあった。

講評会の関係者に事情を話し30分繰り上げスタートしてもらい
後は、25分の移動時間勝負

池袋から九段下まで乗り継ぎと、駆け足で何とか開演に間に合った、 フウ~

この日のト-クショーは写真家「大和田良」氏とプリントに至るまでの
テーマ、コンセプトの話。

大和田氏とは何回も話をしているし、考えも分かっているつもり
なので、着いた早〃一言二言でトークショーを始めた。

理論家でもある氏の話はとても面白く、アーチスティクな写真観や私論
を引きだして、噛み砕きながら語り、後半は二人の作品解説をした。
話し出すといくらでも語る二人なので、当然時間オーバー!

参加者には写真のこんな世界があるということが分かってもらえたら
良かったと思う。
f0079943_15515524.jpg



終了後に、参加者数人と大和田氏、小生で軽く飲み会
帰りの電車ではアルコールのせいか、はたまた移動の疲れか
たちまちウトウトと始まる…
[PR]
by y_kmsm | 2010-01-25 14:41 | 写真

今年も

早くも、20日が過ぎ、スケジュールが稼働し始めている。

先日、2010年度の教室が開講した。
男女半々くらいの比率で、満席御礼
そして初めてのことだが、フィルム経験者がゼロというデジクラスとなった。

いつか訪れるだろうと思っていたが、いよいよという感じ…

でも授業の中で、フィルムの良さも話して行こうと思う。


教室の時間が13:30からなので終了後も、お茶と食事(酒に非ず)で懇親会をやったが
小生は途中退席して、銀座のリングキューブで行われる「GXR」を語る会に
リコーユーザー、GXRコンテスト参加者、リコー関係者に
写真家「モトコ」さんも参加して、いいこと、改良点、を語る。

中にはこの機材を使ってから、作風が変わったとか
被写体の選択肢が広がったとか、という参加者の話が聞けた。
f0079943_1325568.jpg

                      オリンパス[E-P1]

24日には、小生の作品も展示しているアートギャラリーコルソで
開催している写真展「PRINTING THE STAGE]で、写真家 大和田良氏と
トークショーをするので、ぜひおいでください。
[PR]
by y_kmsm | 2010-01-20 13:21 | 写真

チーム、オーロラ

昨日、渋谷でアラスカツアー参加者の2回目の講習会を開いた。

といっても、参加者が得た情報を交換し合い、なお且つ最新の現地情報
などをアラスカ駐在のGさんに話してもらった。

小生は、撮影データーや機材の説明をしたのみ、

2時間余りの講習会で、その後必要な機材、小物、などの買い物に!
ぞろぞろと大勢で山岳用品店、ハンズ、ヨドバシ、マップカメラに行く☆

山岳用品店では一斉にカメラを温めるためのカイロと炭を買う
店員さんが「こんなに大勢でどこに行くのですか」と驚き
奥から在庫のカイロをたくさん出してきた。今日のミィーテングで
おそらく、話題になったろう。だってカイロ20個余り、炭40箱くらいが
売れたはず。

その後ヨドバシで、三脚、手袋、カメラ保温カバー
などを買い、マップカメラでレンズを買う人もいた。

最後は、顔合わせの懇親会に、

こうして三週間後になったツアーに向け、楽しみ感が高まってきたぞ!!
f0079943_1549232.jpg

                   2009年 Hさん撮影
[PR]
by y_kmsm | 2010-01-18 15:38 | 写真

早くも


一っ月を切り、アラスカに向け自分の準備を始めた。

まずは機材(特にレンズ、小物)を選定、

オリンパスE-3に決めた、耐寒性、シーリングによる防滴性の高さ
から、厳しい環境下でも安心感がある。

レンズは、ズイコー魚眼、広角ズームF2、中望遠F2、の三種類
あと、日中用に28~70くらいのズームをと思っている。
これらのレンズ群にもシーリングを施したのを用意した。

あと、小型のE-P1を携帯していこうかと、ウゥーン 
三脚やパソコン、充電関係を考えると、かなりの重量だな~

でも、ここらをケチると必ず後悔することがある。
「あれを持っていけば良かった」、とか「一カットのために必要なのに」、なんて

都会での撮影と違い、自然界に入ると特に極寒の地ではまず撮影関係の
手配は無理になるので、万全な準備が必要になるのだ。


こんな準備が始まると、楽しくなるし高揚してくる。

久しぶりの海外撮影になるが、環境は厳しくなった、
テロ関係のセキュリティーはかなりで、機材が少し心配になる、
金属の三脚、カメラ、通信機、が多いので空港チェックに時間が
かかりそうだ。

ともかく、寒いところに寒いとき行くので、南の島に行く時の
3倍くらい荷物が増えそうだ。

もうひとつ気になることが~ ホテルは酒類の販売をしてないという話も聞き
気落ちしているのだが、持ち込み可能らしいので、何とか調達する
手段を考えていくぞー、    或いは、日本から密輸するか…

f0079943_15201963.jpg

                     2009年 Hさん撮影

17日に参加者の講習会、説明会、顔合わせの懇親会、を開く。
[PR]
by y_kmsm | 2010-01-15 15:16 | 写真

やってくる

「in the zone」とは、 精神が集中すると幸福感や自信が
心にあふれ、自然に体が動いて力を発揮できる状態をいうそうだ。

アラスカ、オーロラツアーを企画して募集を開始するまで、
実行するか迷い、8月末のころは止めようかとも思った。
一人で企画して、旅行会社と交渉したりしている時「インフルエンザ
は大丈夫か」、とか、「果たして集まるだろうか」、などマイナス要因が頭に
浮かび弱気になる。そんな時に追い打ちをかけるように、JALが直行便
を3から1便に減らすということが分かった。予定してた3月始めの行程
を変更することになった。  どうしょうか…

しかし、「先生、連れて行ってください」、「必ずオーロラ撮ります」、「雪原で飲みましょう」
など生徒さんの声に背を押され、募集を開始してみると 「参加します!!」 という
メールであふれた。

胸が熱くなり高揚感があふれ、「よし、皆を連れてくぞ!!」と叫ぶ


一人で畑違いのツアーなど企画して失敗したらという不安を
参加者が自信と、力を与えてくれた。

正に「zone」に入った感じ!

予定日を変更したことで、現地に入るころは「月」が隠れて
オーロラがよく見える「新月」になる。

このことも偶然に後から分かったことで、何とラッキーなことか、
でもこれも皆からのパワーのお陰だろう。

そして、アラスカからのライブ中継は毎日、天空にオーロラが
舞っている。

f0079943_23485697.jpg
皆に感謝です。







                                   

 

2009年 Hさんの撮影画像



f0079943_23434254.jpg
               
[PR]
by y_kmsm | 2010-01-13 23:28 | 思い

仕事始め

本格的な仕事は9日の土曜日でした。

けっこう長く休めた正月でしたが、仕事始めから
3日続けて、朝から夜遅くまでの仕事となったのです。

連休で、とんでもない人出の竹下通りを抜けようと
思ったのですが、諦め裏通りに迂回してフォトサラダの
会場に行ったり、教室に戻ったり、その間に法事があったりと、
目の回る様な3日間でした。

でもフォトサラダの体験教室では、教室に入りたいと待っている
人を対象に模擬授業をやってみたが、きらきらとした目で
真剣に小生の話を聞いてもらったのです。
終了後も質問を受けたり、帰りには握手を求められたりして、
次の授業(本当のクラスの)時間を気にしながら、ぜひ教室で
お会いしたいと言う気持ちで対応した結果、食事抜きになった~

結局、この日は夜7時まで飲み物のみでがんばってしまったが、
何か心地いい一日でした。


                   リコー GXR
f0079943_14171066.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2010-01-12 13:59 | 写真

読む

今日は七草、松飾りなどは今日までで、正月も明ける。


休み中に読んだ本や、雑誌が部屋の片隅に積まれているが、
なぜか、みんな内容の半分くらいしか覚えてない。

途中でほかの本に読み変えるということをせず、読み切る
のですが、冬眠(正月休み)中はどうもアルコールが残っている
せいもあるのか、集中力がないらしい。

「枕もとに本積めばこれ宝船」という句が出ていたが、
正に、熟読して身に着けば宝となるだろうな。

昨晩読んでいた雑誌に、ホンマタカシ氏と横尾忠則氏の対談が
面白かった。横尾氏が最近写真にハマり、個展をするらしい、
街の一角を撮り、そこに一瞬の静けさを感じるという。

小生が今撮り続けているテーマと一緒だ!!

大アーチスト「横尾忠則」と比べるのは失礼かもしれないが、
内心、うれしいと思っている自分がいる。

本から得るものは正に宝であり、夢を実現するきっかけになる。

f0079943_13135112.jpg

              「宝石箱の街」 リコー GXR
[PR]
by y_kmsm | 2010-01-07 12:59 |