写真家、講師、として活動中、ファットフォト写真教室では、受講生を募集しています。              写真の使用を希望される場合は  お知らせください。


by y_kmsm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2009年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

プリント


1月に2か所で、横浜、神戸以来久しぶりに作品展示をする。
といっても、3点なのだが、作品展の前哨戦といったところ。

でもたとえ、少数でも気も手も抜かないぞ!!

最終色チェックを火曜日にして、完全データーを入稿した。

持ち込んだ色見本とピクトリコラボのモニター色の違いで
3回プリントし直し、2時間後にOKを出す。
プリントマンの額に汗が見えたが、彼もプロだという粘りを見せた。

こうして写真を仕上げ、自分のイメージを完成させ、はじめて人に
見てもらえる作品になる。

今の作品群を来年も撮り続け、もっと数を見てもらえるように、
作品展に向けて頑張るぞーー

f0079943_13405151.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2009-11-26 13:23 | 写真

休養を


何と、風邪で…

風邪を引かないという自慢があったのだが、
油断と怠慢でついに…
といってもインフルではなく、喉を痛めた程度。

思い起こせば、土曜日(21日)の教室終了後に撮影をしていた。

原宿界隈で作品展用の追加撮影を夜半までしていて、鼻の奥が
乾くのを感じていたのだが、寒さも気にせずに続行していた、
しかし、帰りの終電の中で喉がチクチクし始めてきた。

帰宅後によせばいいのに、ビールを飲み、3時ころまで起きていた。(反省)
日曜日の朝、声がかすれ、喉が痛い…

そして2日間、安静状態なのだ トホホ…


でも、今日は全快に近いので、今週から来週にかけての連続仕事に邁進だー
教室、リコーGXR撮影会作品審査会、フォトレシピ撮影会と続く。

f0079943_14562252.jpg


そして今年も師走の突入☆

忘年会の予定がビシバシと
[PR]
by y_kmsm | 2009-11-25 14:23 | つぶやき

鬼が


早くも来年のスケジュールが入ってきている。

まだ今年中にやらなければならない事が、山のようにあるのに…

でも先が見えるって、幸せなことだろう。

仕事も、人生も、先が見えるってHAPPYなことなのだ。

確実に、今日をこなし、明日を考え、先を見据える。



昨日、6BXクラスという卒業したクラスの写真展に行ってきた。
広い会場に、ゆったりとレイアウトされた作品は心地よかったし、
自分のやりたいことをやり、表現したいことを表現していた。
こうして、クラスを卒業しても仲間と好きな写真を発表する機会が
続くことを、願う。  会場は「代官山、モンキーギャラリー」

f0079943_14205022.jpg

                      「リコーGXR」

さて来週は、1月に行われる二つの写真展の入稿をして、仕上げに入る。
[PR]
by y_kmsm | 2009-11-19 14:09 | 思い

記録的


今月は記録を作った。

なんと、日の出前に3回起きていた!(徹夜ではなく)
典型的な夜型人間の小生が、暗いうちに起きて行動していた。
年に一回か2回あるかないかの時間に、

今日も私用で5時に起き、わずかな朝焼けを見ていると、
車のラジオで流星群が出ていると聞き、空を眺めていたが、
明るくなり始めたので、断念☆

でもふだん寝ているこの時間は、面白い現象が見られる。
撮影で出かけた日、新宿に着くと明るくなり、すれ違う人種が、
勤め帰りのキャバ嬢、ホスト風のお兄さん、ねぐらに戻る
ホームレスのおっちゃん、など入れ替わる社会が見えた。

今日も、暗いうちから、散歩する人、ジョキングする人、犬に連れられた人?
そして早朝出勤する人、等々

こうして社会は動きだしたり、休んだりしていくのだな、なーんて思った。

f0079943_14504624.jpg

                       「E-P1 」

もう、今年の記録は打ち止めにして、本来の夜型に戻るとするか。
[PR]
by y_kmsm | 2009-11-18 14:40 | つぶやき

進化する

新製品 「リコーGXR」が手元に来て1週間。

f0079943_16552481.jpg

発表前で、なかなかブログに掲載できなかったが、やっと解禁
今までにない作りと発想のカメラで、(詳しくはリコーHPで)操作性
描写力、質感ともに好感度でした。GRシリーズとは一線を感じる
柔らかさと高画質を兼ね備えていて、相当人気が出そうな感じがする。

さて、もういろいろなところでスペック等は出てきているので、
あえてここでは、省略しましょう。

昨日(15日)各クラスから厳選した選抜メンバーとこの新製品を使って撮影をした。

この企画は、関西チーム10名と東京チーム10名で対抗写真展をし、
コンテストも行い、上位者はその後も作品を撮り、リコーのHPで掲載していく


選抜された10人の東京メンバーは始めて手にした「GXR」のレクチュアーももどかしく、
都内に散らばり撮影に入った。場所は表参道、下北沢、井の頭公園、東京タワーなどなど

f0079943_1655573.jpg

「 リコーGXR 33mmmacro」

三時間後に集合して、「GXR」の感想を聞き、作品をプリントして、小生が講評と
作品展に向けたアドバイスをした。

小生も一緒に撮影をしてみたが、手に吸いつく感触の表面素材でシックリと
手に馴染むし、シャッターの感じも一眼レフ並みの感触だ。
33mmマクロ(50mm換算)のレンズはマニアルフォーカスもでき、接写した時はとても便利、
今回、モノクロ撮影もしてみたが、メニューでモノクロの彩度、コントラスト、
色が(グリーン、ブルー、パープル)微調整できるのが新鮮な項目だ


また楽しみの機種が手元に増えたぞ!!
[PR]
by y_kmsm | 2009-11-16 16:44 | 写真


テレビの番組で障害馬術の女性騎手を特集していた。

13歳で国内の馬術競技の上位に入り、オリンピクの有力選手
だという。馬を自分の体の一部だと言い切り、痛みも分け合える仲!

子供のころからペガサスが好きで馬術を始め、世界で戦うと決めたそうだ。
大きな夢ですね!との問いかけに 「夢ではない、目的です。」

確かに「あれは夢でした」と諦められるし、「夢は果たせなかった」と
逃げられる。でも目的に決めると退路は断たれるかもしれない。

果たさなければ、敗者。

そんなことを,笑いながら明るく話す13歳は輝いていた。


さて小生など残された人生は明らかに後半戦、残された時間の中で
夢ではなく「目的と目標」を定め、着実に実現しなければと、自分を
追いつめ、果たして行こう。
f0079943_1485516.jpg

              「ペンタックスK-Ⅹ」
[PR]
by y_kmsm | 2009-11-13 13:56 | 思い

武相荘(ぶあいそう)

なんともユーモラスでウェットに富んだネーミングだろうか、

先日、町田市にある白洲次郎邸に行った。

戦前戦後の混乱期に生き方、主張すること、ダンディズム、とは
そんなことを現代の男に問いかけた本を読み、尋ねたくなった。

政界で影の役割を果たし、憲法の成立に大いにかかわったが、
政治家にはならず、町田市鶴川の農家を買い農業に従事した。
奥さんの「正子」さんと暮らしたのが「武相荘」

かなり分かりにくい場所で(ナビ)がなければ行き着けないかもしれない。
f0079943_13373167.jpg












坂道を上がっていくと、長屋門が見えてくる。
奥まったところに母屋があり、、玄関を入ると農家だったころは厩だったという
土間を改良した応接の空間が迎えてくれる。
f0079943_13375944.jpg
白洲正子さんは小林秀雄、青山二郎、氏らとの交流を通じ、文学、骨董の世界では秀でた方だ。

室内、展示の骨董は品を感じるし、蔵書の多さも驚きだ。

すぐに都内に行ける範囲で農業をという発想から、選んだこの地
はいい環境ではあるが、当時冬などはかなり寒いだろうと、思う。



でも、いい環境から、いい発想が生まれ、心の豊かさが維持できるのだろうな。
[PR]
by y_kmsm | 2009-11-11 13:17 |

フォトラリー

日曜日、原宿教室に10月開講のビキナークラスから20名が
参加して、新製品ペンタックスK-Ⅹを使った撮影会(フォトラリー)
を行った。f0079943_0354581.jpg

100色のバリエーションを持ったデジタル一眼で軽量、小型
簡単なレクチュアーとK-Ⅹの取り扱い説明をして、いざ!原宿へ





始めに明治神宮へ
19色のカラー一眼を持った集団は人目を引き、外国人集団から羨望の目が!!
神宮の参道は七五三のファミリーがたくさんいて、さっそく撮影に入る。
昨年の「木村伊兵衛賞」の浅野さんにも遭遇したりして、盛り上がるペンタックス集団!!
f0079943_114599.jpg























その後,原宿の裏通りに撮影場所を移し、WBを変えて撮ったり、ぼかし撮りを覚えたり
して、プリントもした。
f0079943_051831.jpg

























こうして、撮る楽しみ、撮る仲間、を知る。

さーこれからビキナークラスは、写真の深みを知って、作品づくりに励んでもらいたいな☆
[PR]
by y_kmsm | 2009-11-10 00:53 | 写真

進化カメラ

今回の撮影ツアーで使用したオリンパス「E-P1]は、優れものの一言に尽きる。

ファインダーがないのが、イマイチ真剣になれない要素だったのだが、
2日集中して撮影してみると、ディスプレイの明るさが、日中撮影に強いし、
風景を切り取るうえでノーファインダーに近い自由さが、フレーミングを楽に
している。そして何と言っても「アートフィルター」の楽しさだ!!

秋の色を自由に変えられ、思い”の色に転換できる。

コントラストを強めて、RGBで秋を表現したり、(ポップアート)
f0079943_14533419.jpg












感傷的に秋を表現する(ファンタジックモード)、(デイドリーム)

過去の秋を顧みる(ラフモノクローム)、(トイフォト) 等々
f0079943_14541524.jpg














f0079943_14544426.jpg












今まで、面倒で荷物になったフィルターや特殊レンズなどが
一台に積み込まれている。

もうひとつ、気に入らない個所に電源が入ると緑に光るスイッチがずーっと
点いて、目ざわりだったこと(ユザーから指摘多し)。
ところがこの欠点が、今回役に立った。
夜間撮影のときに、暗闇の中この緑の照明が「ホタル」のごとく
光り、皆の居場所を教えてくれた。(小生だけが助かったのだが…)

でも、「E-P1]の後に他社(P社)のカメラもフィルター効果を搭載した機種を
出していたが、(今週末テストをする)写真を楽しみ、アートすることはいいことだ♪


おそらく続々と類似したカメラが出てくると思う。
でも、機械に振り回されず真剣に作画して、考えるということを
しないと写真が安易になる気がする。

「考えてイメージする」というアートの基本は忘れてはいけないな。
[PR]
by y_kmsm | 2009-11-05 14:33 | 写真

秋到来

11月に入り、まさに秋本番ですね!

土曜、日曜で足尾、日光撮影ツアーに行ってきました。

快晴に恵まれ(神島は晴れ男)風もなく、撮影ができて参加者の
笑顔が楽しげな感じを物語っていました。

朝8時に新宿を出発し高速道、山道と走り山間の足尾に着くと早めの昼食!
ここで伝説的なことが…
一軒の食堂は、高齢の夫婦と思しき二人がやっていて、入った瞬間、「大丈夫かな?」
案の定、40人近い人数に高プレッシャーを感じたお二人は、「ご飯がない~」、「うどんがない」
「注文は何だっけ?」とアタフタ 、
結局、昼食に1時間半かかり、最後の小生が食べているのに店じまいを始める。。。

マー、日ごろ人の少ないのが、突然40人が入ったのだから仕方がないな、
「今度は、事前に予約しますね」。すみませんでした~

人気のない足尾精錬所や廃家を秋の日差しの中、山を下りながら撮影
f0079943_1428137.jpg












山間の早い夕暮れを気にしながら、泊まりの日光に、

旅館で休息後、突然夜の撮影を決める(ここがGODの独裁的判断)
ライトアップされた東照宮やキャンドルの道、胡弓の音が流れるイベント会場へ
「E-P1」の真価を発揮!!手持ちで夜の光を撮影したり、月のでた東照宮も!!

旅館に帰ると、10時過ぎ、宴会が待っている!!

翌朝は、またも早朝訓練、5時半集合だー
暗いうちにでて、神橋から日の出を撮る、う~寒いぞ
f0079943_14295690.jpg

おかげで盛りだくさんの朝食も、お代わり~だ










早目に出発して、戦場ヶ原に行き、高原をトレッキングしながら、
戦場ヶ原の貴婦人(草原に立つ一本の白樺)の元に行く、
ここは冬の撮影スポットで中高年カメラマンの聖地。
f0079943_14305580.jpg

貴婦人は、枯野の中に毅然と立ち、皆を迎える。











午後は、自由行動の奥日光湯元で撮影(少数派)や足湯(多数派)へ、
小生は日帰り湯へ行く、風の吹くたびにハラハラと舞う紅葉の葉が
露天風呂に舞う!!極楽じゃ
f0079943_14302866.jpg

機材は全員オリンパス「E-P1」

帰りのバスは、静かに睡眠タイム。
[PR]
by y_kmsm | 2009-11-04 14:03 | 写真