写真家、講師、として活動中、ファットフォト写真教室では、受講生を募集しています。              写真の使用を希望される場合は  お知らせください。


by y_kmsm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2008年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ラストスパートだ

と言い聞かせて、今週末まで頑張ろう!!

12日連続の仕事と忘年会も先が見えてきた、
体調もいいし、胃の状態もすこぶる快調!!


今月で、更新するクラスも多く、事務局が出してきた
表で更新者の名前を確認する、
色々な事情で更新しない人の名前が白字になっていて
、継続する人はカラーで表わされている。

白字の欄の名前を見ていくと、聞いていた事情が蘇る
2年目、3年目、で故郷に帰ったり、結婚したり、転勤
だったり、中には親の看病をという人もいた。
寂しくもあるが、2、3年間写真を楽しみ、たくさんの仲間
も出来たろう、そんないい思い出をポケットに詰め
どうか、これからも写真を楽しんでもらいたい。

「 泣きながら、笑いながら、そして、飲みながら

           自分の道を、胸を張って  」


f0079943_1444437.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2008-12-25 14:47 | 写真

強風が

昨日、嵐の様な風の吹く中、撮影実習会を行った。

場所は台場

午後教室で簡単な夜景撮影の講座を行い
4時に台場に着く、まずは夕景の撮影。
対岸の麒麟クレーン群と種名の付きだした高層ビルの
撮影を開始、しかし海から思わぬ強風が吹きだし、皆苦戦、

でもこんな時の三脚固定法、撮影データーの変更など
これも経験、勉強、でも凄い風だー

移動しながら、レインボーブリッジ、東京タワー、屋形船
の撮影を開始して、HB、SS、切り取り方などをレクチュアー

19:00に一旦集合して、撮影続行、帰宅
温まり班、に分かれて自由解散。

多数派は温まりたい班でした。
8ⅠクラスのOさんが新橋派なので新橋駅前で、打ち上げだー
なんと撮影時間と同じくらいの飲み時間でした。

こんな初めてずくしの撮影会でしたが、デジ、フィルム、ともに
持ち味の出た写真が撮れたようです。 楽しみ、たのしみ~

f0079943_1523308.jpg

                  PM7:00台場 ホテル日航前
[PR]
by y_kmsm | 2008-12-22 15:23 | 写真

写す

写真を撮るときに二通りのスタートがあると思う。

一つは、与えられたり、目的を持って撮る。
これは事前にイメージをふくらませ、少しの不安を持ちながら
撮り始めるスタイル。

二つ目は、偶然に出会い、ドキがどきどきに変わり
場合によれば、トランス状態になるとき。

どちらの時もカメラというコピー機にフイルム(メモリーカード)を入れ
記録していく。


情報が氾濫している外界を、煩悩に満ち溢れる内なる右脳、左脳に
記憶させるという行為は快感になるときと、苦痛になると気がある。


茶人、千利休は「湯を沸かし茶を点てて喫むばかりなり」と言った。

小難しい理屈や理論を言っているうちは、煩悩に溢れていてモノ”の
実感や理由(わけ)を理解してないのだろうし、うさん臭い。

撮るという内なる欲望が、興味という森の深みに入ったとき
シンプルにアートしているのかも知れない。

f0079943_14553260.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2008-12-19 14:51 | 写真

今年の


師走は何か、静かな感じがするのだが、

不況の話は思ってた以上に深刻になりってきたようだ。

昨日も、今年最後の仕事のミーティングが終わり
居酒屋へ繰り出したのだが、意外と空いていて三割くらい
が空席状態、帰りの終電も座って帰れた。

某自動車会社の海外出張は、当面ウェーブを使い
特別な事項以外、画面と話をするのだと言っていた。

経済的な話はさて置き、

形がないもので仕事をする我が業界は、どうするのだろう。

でもこんな時代背景こそ、写真の力が試されるのかもしれない、
夢を感じさせ、希望をもってもらい、自分の思いを託す。
こんなことが身近でできるのは、写真など映像文化の役目では
ないだろうか。

なーんて、偉そうなことを言っているが、
バブルの恩恵をしっかり受けていた我が世代は
中々、いい思いを捨てきれないでいる。暮になると
物欲が頭をもたげ、数字の0の位が行ったり来たりするのだ。
いかん、いかん…

過去の夢は思い返すことなく
明日の夢に思いを込めるよう
f0079943_1532611.jpg


      ジョッキの泡の奥にある琥珀の刺激を感じるように…
[PR]
by y_kmsm | 2008-12-16 15:06 | 思い

心に残る

2日間、たっぷりと撮影した。

来週の夜景撮影会に向けての作例写真と、
自分の作品つくりで、二日を費やした。

夜景などは作品化しずらいものだが、
テクニック以外で、イメージを作る方法は無いか
考えながらの、撮影でした。

きれいな場所で撮れば、誰でも一応にきれいに撮れてしまう。
特にデジタルの特性ともいえる、人口の光に対する反応は
、フィルムに比べ強い。

撮影していて感じたのは、そのきれいさの中に感じる
イメージを、どのように増幅していくか、どのように色
再現するか、今後の課題にしていこうと思う。

f0079943_15414451.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2008-12-12 15:42 | 写真

アートとは

先日(6日)のオリンパスフォトラリーでのトークショーの中で
言葉に詰まった。

「写真におけるアートな世界は」という壮大なテーマで始まり
何が求められ、何が足らなく、何が効果的、そしてフォトグラファー
はどうしたらいいのか、 ワー解らねー~

写真におけるアート観の定義すら持ってなく、
「アート」という言葉すら気恥ずかしく感じてしまうのだから
真面目に、論議などうまくできるはずがない。(内心反省)

でも自分の結論的には、進化するメカニック面に振り回される
ことなく、自分に忠実で、自由に、求めるものを直視する、こと

それが今できる自分のアート(使わせてもらえば)なのだろう。

(吉本ばなな) さんが新刊書の発行に際し、こんなことを言っていた。

「調子が悪いと理屈っぽくなる、自分の中から一番理屈っぽいところを
削除する。理屈とは結論を言うことで結論を言葉にするとつまらなくなる」

うーん、奥が深いな、でも要は言葉の上での結論を出そうとせず、
「撮ろうとする本質に迫る行為がアートなのだ」
というのが、今出ている自分の答えかな~ う~ん

f0079943_14292224.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2008-12-08 14:29 | 写真

走る、走る、

6日、朝から走り回った。

午前10:00に千葉の東洋学園で講義開始!
   11:30に終わり、筑波エキスプレスで都内に向い
大江戸線で六本木に!!一息付く。

午後2:30からオリンパスフォトフェスタの撮影会審査発表
そして表彰式、そのままトークショウに参加して4:00に終了。

地下鉄千代田線に乗り、原宿教室に
5:00から9:00までビキナーとプレミアクラスの授業。

9:30にやっと解放、食事にありつく(沖縄料理)。

12月に入り,途端に酔っぱらい(その中の一人)が多くなった終電で帰宅した。

ふぅー

f0079943_1457054.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2008-12-07 14:57 | 写真

照明

東京タワーが50年を迎えて7色でライトアップされている。

1958年に開業して50年、
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」では建築中の姿が出ていたが
、小生の記憶にもタワー建設がある。(微かに)
今までに2度展望台に上がったが、一回目の記憶は幼少時のため
薄れている、いまや、高層建築が多いため見晴らし的には、すでに
魅力は薄いのかもしれない。

しかし最近は夜のタワーはとても美しい。

日本の「ただ明るくすればいい」という照明文化は遅れていた
、照明デザイナーの登場で各段に素敵な照明が増えてきた。
東京タワーの照明をしている「石井 幹子」さんは多くのランドマークを
デザインして世界的に認められ米国、アラブ、などで活躍中だという。

日本には、伝統的に灯かり文化があったはず、
提灯、行燈、など柔らかい照明で夜の時間を彩っていた。
が、蛍光灯という明るさを求めた器具の出現で夜もデーライト
になってしまった。そんな照明文化を変えたのが石井さん。

写真用語で「色温度、ケルビン値」というのがあるが発光する光で数値を
決めている。この「色温度」の2000Kから3000K位が人の
目に優しいし、落ち着く数値。(因みに昼間は5500~8000)
夜は、3000Kの明るさで気持ちも、目も休めたいですね。

そんなわけで多くの野外照明も「石井カラー」で彩ってもらいたい。

                 11月22日撮影
f0079943_15125191.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2008-12-02 15:17 | 写真

走る、走る、

師走12月スタート

なんてったって、師走は走ることになる。

いくつか抱えた未解決の課題に向け、
スケジュールをこなすため、
少し見えてきた来年の人参に向かい
気持ちが走る。


でもこんな師走が、なんとなく好きだ!!

f0079943_14261130.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2008-12-01 14:26 | 写真