写真家、講師、として活動中、ファットフォト写真教室では、受講生を募集しています。              写真の使用を希望される場合は  お知らせください。


by y_kmsm
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2008年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

桜咲く


いよいよ、春ですね、

先週は硬い蕾だった桜も、満開

そして、柳も欅も新緑の芽をを一気に目覚めさせてきました。


土曜日、千葉にあるT大学の公開講座の講義が終わり、
受講者と校内の咲き誇る桜を見て回った。

f0079943_13345410.jpg













奥まった所に、かなり大きな桜の木があり、昨年も撮影しながら観ていた。


今年もその場所を訪れ、風にゆれる桜花を観ていて、ふと横にある小さな
苗木を見て昨年のことを思い出した。

昨年、撮影をしていると三人の女子学生が50cmくらいの枝垂桜の苗木を植えていた。
話し掛けると、その苗木の話をしてくれた。

卒業を間近にひかえた仲間の一人が、亡くなったのだという…

その学生の思いを、いつまでも忘れないようにと、苗木を植えていたのだ。

今年、その枝垂桜は1メートルくらいに成長して、きれいな新芽をつけていた。

また来年此処を訪れよう、そして、可憐な花が咲いているコトを祈りながら、

f0079943_1337833.jpg
[PR]
by Y_kmsm | 2008-03-30 13:15 | 思い

久ぶりに


三日連続の休みがあり、2泊3日でサイパンに撮影しに行った。

飛行時間も短く、時差も1時間なので翌日の教室も心配ない
と思い、夜の便に乗った。

翌朝、部屋のカーテンを開けると紺碧の海と空が目の前に広がる。

f0079943_14435494.jpg


食事も早々に海岸に行くと日本人は殆ど見あたらず、外国の
ファミリーが多い、聞く所によると最近サイパンはロシア人が
ツアーで来るらしい。一年を通して寒いシベリア、極東地区から
南国の地を目指すのが、最近のサイパン事情なのだ。
ハイアットホテルに泊まったのだが、フロントには必ずロシア人
女性が居るし、ロビーにもロシア語ではしゃぐ子供の声が響く。

夕暮れの浜の風景に的を絞り、サンセットを待つ、
あいにく雲が太陽にかかり、イライラしていると数分雲間から
金色の日がさし、浜の人をシルエットにする、

このカットさえ撮れればOKだ!!

夜は、ビックハンバーガーにビールでくつろぐぎ、翌日。午前の
便で帰国。

そんな3日間でした。

f0079943_14425827.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2008-03-28 14:16 |

サキガケ


帰りの駅で、待ち時間コンビニに立ち寄った。

何気なく、手に取った雑誌を見開き、ページをめくるたびに
手先から、心臓にかけ電流が走るが如く感じた。

写真家O氏の作品集

自分が手がけ始めた、手法、色、切りとり方、全てが出来ている、
そして、こんなに淡々と静かに語られている写真。

これ見よがしに色を付けたり、残酷なくらい切り取られたり、
自己を全面に出したり、そんな写真ってやだよね。

何気に静かに、淡々と、そんな写真がいい。

でも、O氏に先を越されたと思わず、仲間が増えたと
いま、雑誌を観ながら思っている。

f0079943_0234976.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2008-03-22 00:16 | 写真

卒業写真


15日の土曜日、また教室の仲間が卒業していった。

三年前に代官山教室に集まった人たち、
経験者とまったくの初心者が混じっていて、始めは混乱したのを
覚えている。

シャッタースピード?絞り?リバーサル?とそんな感じでした。

でも仲間っていいなとと思ったのは、「シャッターって言うのはな~」
「フィルムってこう入れるんだよ」、と丁重に仲間が教えていた。
けっして偉ぶらずに…

代官山、銀座、文京区、原宿、と場所がかわり、ご苦労をかけたのだが
明るく、楽しく、三年間通ってきてくれた。

そして、修了式の日
卒業作品を各自10枚を見せてくれた。

いつも、この時、こみ上げてくるものがある
でも今日は、涙を見せまい、
今日のクラスは、さっぱりと行こう。
それが、メンバーの雰囲気に合っている。

でも、70枚の写真を見て、修了書を渡していると、やはり目の奥が熱く
なってきた。でも花粉のせいにしよう。「分らないだろう~」

ずーと3年間、小生の話を聞き、笑い、写真を楽しんでくれた
7名に、心から、卒業写真を有難うと言いたい。

f0079943_15425467.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2008-03-18 15:24 | 写真

嬉しい知らせが


なんとも嬉しい知らせが届いた。

親しくしている写真家「岡田 敦」氏が

第33回木村伊兵衛写真賞を受賞した。


昨年の「梅 佳代」、「本城直季」でしたが、本年の「岡田」さんは
シリアスな写真を撮り、フジ新人賞なども受賞している。

昨年、お願いして土曜プレミアムクラスにもゲストとして来てもらったが
淡々と、自己の写真を語っていき、みんなの作品講評もしてくれた。

以前、ゲストに来てくれた「大和田 良」氏、や「本城直季」氏も
同じ東京工芸大出の写真グループで、みんな、自分の考えををしっかり持った
stairAUG写真家集団です。

でも身近でこんなビックな賞を受賞するなんて、自分のことの様に
嬉しいく、興奮です。

f0079943_22551430.jpg


岡田さん、おめでとうございます。
[PR]
by y_kmsm | 2008-03-13 22:39 | 写真

クロージング、ドア

7年前に開講した、アグリ教室(大井町)が10日で幕を閉じた。

スタートしたのがファットフォト創刊号と同時期だった。
アグリというカルチャアーセンターでテラウチ先生が20数名
の生徒さんを集めてはじめた。今もそのクラスで学んでいた
人がP,Pプレミアクラスに在籍している。

小生も、一期クラスに参加していた。
仕事としての報道写真から、別の写真を勉強したく、たま々本屋
で見かけた見慣れぬ写真雑誌を手にしたのが、創刊ファトフォト
!!写真も新しく、こんな写真って楽しいだろうなと思い、読んでいると
中に教室が始まるという記事が出ていて、入門教室に入る。
悩んでいた報道の世界から、一転、「楽しむ写真に」に!!

運営会社がカルチャーセンターの建物を改装するのを
機会に今、流行のスポーツカルチャーのみにして、
文化カルチャーを廃止するという。

原点の教室が無くなるのは寂しい限りだが、生徒さんは
全員、原宿教室に参加する事になったのは、喜ばしい
事、「箱より人」を大事にしていこう!!

f0079943_15505784.jpg

写真文化を支えている、生徒さん達のためにも
環境を整え、より楽しい写真ライフを作っていかなくてはと、
実感しながら、 講師として最後の授業を終えた。
[PR]
by y_kmsm | 2008-03-13 15:23 | 写真

撮影会


早朝に、フォトグラファーのM氏と待ち合わせをして、
撮影のロケハンに行った。

場所は本郷の東京大学構内、休みに入っている
閑散とした校内を、二人で歩いてみた。

重厚な建物と100年を越す樹木の織り成す光景を、
フレーミングが次々と切り取り、シーンを起こしてくる。

f0079943_14181287.jpg


しかし、見るほうは気楽に見ているが、住んでいる人や、
使っている人は、暗く不便な建物より、機能的な近代建築の
方がいいのかもしれない、フォトジェニックなものを求める
我々は勝手な見方をする。

我家の前に、明治時代に建てられたゴシック建築の銀行が
あるが、見るには美しく立派だが、使用している側は、OS機器
の配線ができなかったり、保安管理がしづらいなど、使いづらい
らしい。
事実、我家も一部が文化財に指定されているが、快適に
過ごそうとすると、不便極まりない。

しかし文化、伝統とは利便性より、時”を大事にするということだろう。


f0079943_14195399.jpg
さて、5月11日(母の日)に東大校内で、ファッションフォト撮影会
(一流モデル参加)を行ないますので、是非参加を(10名位)

ファットフォトホームページから申し込んでください。
[PR]
by y_kmsm | 2008-03-10 14:07 | 写真

香り


暖かくなると、いろいろな香りがしてくる。

かすかな花の香り、干したての洗濯物からくる香り、
そんな香りが五感を刺激して季節を感じるのだろう。

昨日、ある方からうれしい!プレゼントを頂いた。

袋を開けると甘い、でも柔らかな香りが、身体のなかを抜ける
感じがした。刺激の無い穏やかな… 

なにか、春を感じさせるような石鹸でした。

f0079943_14315845.jpg


けっして、ケーキではありません。
[PR]
by y_kmsm | 2008-03-09 14:33 | 出会い

いい話


暖かくなってきたが、朝はまだ肌寒いですね。

今日のM新聞の朝刊に、いい話が2件載っていた。

すずめにパン屑をやろうとしたら、横からカラスがきて
かすめていった。飛ぶ方向を追うと、もう一匹のカラスがいて、
そのカラスにパンを分け与えたそうです。
この行為を「求愛給餌」というそうですが、待っていたのはメスで
春先にみられるカラスの求愛行為で、その後巣づくりがあり、
綺麗な薄緑の卵を産むという。

もう一件は、異常気象で寒波に見舞われた中国南部の町で
越冬ツバメが凍死していたのを住民が見つけて、何かを抱き抱えて
いるような翼を広げたら、中からメスのツバメが出てきたそうです。
翼で包み込み、寒さからメスを守ろうとしたらしい、
インターネットに掲載された写真が中国で涙を誘ったそうです。


f0079943_13564530.jpg

自分の身内を殺したりする話題が多い、昨今
せめて、家族を大事にしなければ鳥達に笑われるな。
[PR]
by y_kmsm | 2008-03-09 13:49 | 思い

弥生3月


一気に春めいて来た。

先月末は、体調はすぐれず、久ぶりに医者にも行った。

3月に入り、元どうり快調になり、早速飲み会に参加!
友人の住む、代官山のマンションで宴は始まった。

シャンパンに始まり、ワイン、吟醸酒、みんな美味しい!!

そのお酒に合わせて、ギリシャ料理、雛祭りに合わせた
重箱に入った散し寿司、なんと豪華な飲み会なのか!!

体調が万全で、美味しいお酒に、おいしい料理、

至福の時です。

f0079943_0112927.jpg

             宴は続く春の宵 
[PR]
by y_kmsm | 2008-03-04 23:58 | 思い