写真家、講師、として活動中、ファットフォト写真教室では、受講生を募集しています。              写真の使用を希望される場合は  お知らせください。


by y_kmsm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

巷は


昨晩、銀座教室が終わって地下鉄の駅までブラブラ歩いていると
中央通りの2丁目から3丁目まで路肩に黒塗りのハイヤーや外交官
ナンバー、ベンツ、などがズラリと並ぶ。

「BVLGARI」のオープンパーティーがありタキシードやドレスの列が
見えた。外観、照明、などにもこだわった建物は、確かに華やかの
中に、ゴージャス感が出ている。(もちろんその他大勢の肩越しに
見ているだけ)


クリスマスイルミネーションも始まり、一段と華やかになった銀座だが
、やはり大人の街!色、装飾にもこだわりが感じられる。カルティエの
赤と金、シャネルの白、などブランドの色を照明で出している。
中でも、圧巻は「松屋」のL ビトン!!建物がLVのバックになっている。

f0079943_15101112.jpg

格差社会が進行している現象を銀座で感じた一夜でした。
[PR]
by y_kmsm | 2007-11-29 15:15 | つぶやき

振り返る


先日、銀座のギャラリーで開催していた京友禅染の
個展会場に行った。

作家は小生の友人の幼友達で、ずーと交友があるらしい、
友人と一緒に行くのは昨年に続き2回目なのだが、
まだ一度も購入した事が無い、(かなり高価な作品なのだ)
でも同年代の作者はとても話が面白く、長話をしてしまう。

作品を見た後、話は友人と作家の学生時代の仲間や、
先生の話になり、ついに小生は話に入れずに蚊帳の外。
しかし、聞いていると二人の顔は活き々としていて30数年前に
戻っている。

同窓会やクラス会があまり好きでない小生は、昔話をするのなら
明日を語った方がいいと思うのだが…決して過去を否定する訳ではない。

「三丁目の夕日」などを見ていると今の東京を語るときに、
あの「東京タワー」のできた時代を話さないわけにはいかないし
、今があるのは「夢を持っていた過去」があるからで、明日の夢や
希望を語るには、過去の時間を懐に入れておかなくてはならいと思う。

しかし昔話を楽しげにする団塊の世代のおじさん達”の、
「今はダメで、昔は良かった」
という後ろ向きの姿勢は同年代として、「少しは前を見ようよ」と言いたくなるのだ。

f0079943_14485199.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2007-11-26 14:45 | 出会い

輝き


本格的な冬の訪れを襟元に感じる日が続きますね、

22日、24日、写真を通して新しい出会いがあったのです!

22日は講師としてスタートしたY先生のクラスで、小生は
後の席から生徒さんと先生のいい緊張の雰囲気を楽しみ、
24日は千葉にある大学の公開講座の一回目、
やはり、心持緊張気味の顔が小生を見ていました。

スタートする今日という日に
今日の写真、今日の気持ち、を覚えていてもらいたい
一年後、2年後に今日の新鮮な気持ちを思い起こして
もらいたい、それがそこから前に進む原動力になるから。

ともに、教室の終わった後の顔は、緊張感のほぐれた
いい顔をしていたな。

さーまた写真好き人の伴走者として、一緒に写真を楽しもう!!

f0079943_1448111.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2007-11-25 14:48 | 写真

自分の気持ち



人とのかかわり、人とのつながり、その中で

多くを語り、多くを学び、少し身に付け、少し失う事がある。


でも、得る事も、失う事も、大事な事だと思う。


自分にとって大切な気持ち

決して忘れたくない気持ち

それらを言葉にして、いつもポケットに入れて

持ち歩けば、人とのかかわりはいつも楽しいはず。

f0079943_13514261.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2007-11-20 13:54 | つぶやき

一期一会


たくさんの人との出会いが有り、多くの感動をもらえるが
昨日はそんな感動が何回もあった。

第三土曜日は朝のクラスから、夜のクラスまで
4教室がある。

小生のことで、ささやかなことがあり、
そのことが、メーリスやミクで伝わり、各授業後に
クラッカーや花の贈りものを頂いた。

こっそりと進めていた事なので、その瞬間驚いた、
そして、とても〃嬉しかった。

数ヶ月前までは全然知らない人が、写真を通して
今、小生のことで祝ってくれているのが、なんとも嬉しいかぎり!!

夜、最後のクラスの後に、食事に行った。
以前行ったことのある、茗荷谷のベトナム料理の店で
ベトナムの人が働いている。(一名北海道)
飲んで食べて、今回も満足!!
初めての生徒さんも感激してくれた。
帰り際に厨房をのぞき、ベトナム人の料理長に
お礼を言うと、中から笑顔で「ありがとう、また来て~」
と大きな声で、言われた。
こんな些細なことでも、気持ちよく帰れることができる。

教室の事、レストランの事、
とてもいい出会いで、嬉しい一日だった。

f0079943_1695843.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2007-11-18 16:02 | 出会い

空気


行く、その土地の空気から、何か伝わるものがあると思う。


海外の地でも、その国の香りを空港で感じるように、
国内の場所〃で香りを感じる。

2日目にはその香りにもなれてしまうのだが、
また来たいと思う空気感に触れると、不思議に
何回か、その地に訪れているものだ。

山間部独特の木と水の混じった香りが好きかもしれない。

身体の中に浸透する透明な空気が人を本来の姿、形に
戻そうとする、力”を持っているのだろう。

写真をやっていると、そんなことが実感できる感覚を
強く養えるのかもしれない。

f0079943_13104563.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2007-11-16 13:11 |

時の流れ

箱根の撮影時、宿を「富士屋ホテル」にした。

以前から宿泊したかった老舗ホテルで
何回か食事には訪れていたのだが、なかなか泊まる機会が無かった。


多くの文人、皇室、が泊まり、大好きなジョンレノンもとうりゅうしている。
和洋折衷の建築が回りの山々と不思議な調和を感じるし、時代別に
建てられた様式の違いが「竜宮城」や「千と千尋」に出てくる室内を
彷彿させる。

しかしよく観ると不思議な彫刻や、調度品、家具類が眼を引く、
特にお気に入りが、室内プール!!タイル張りで円柱が四方を支え
ヨーロッパの香りがする。


f0079943_124994.jpg
部屋も、高い天井とアンティックな家具、擦り切れた真鍮のドアノブ
、バスルームも猫足の洋バスで時代を感じる。

最近のホテルは清潔で空調も完璧だし、言うことが無いのだが
閉塞感がある。しかし箱根の老舗ホテルはリラックスできる心地
良い時の流れがゆったりと過ぎていく。f0079943_1261618.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2007-11-15 01:31 |

爽快

天高く、どこまでも爽快な心地いい日です。


何とか箱根での撮影を終え、ノンビリとしている午後の日

箱根の紅葉はまだ早くて、秋の雰囲気を出すのに一苦労

昨年も、箱根で雨の紅葉撮影でした。

今年は雨は避けられたのですが、日差しの弱さに一苦労しました。

真っ赤な紅葉もいいのだが、個人的にはイチョウや落葉松
などの黄色が好きなのです。なにか、穏やかな気持ちにさせ
秋のニオイが感じられるのです。

写真からリラックス感や、香りが感じられたらいいな
と、不思議に秋の撮影では思うのです。

できれば、黄色の秋を再度撮影に行くつもりですが、
かなり多忙になる11月中旬以降は厳しいかな~ と

f0079943_1542781.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2007-11-13 15:10 | 写真

手帳



手元に新しい来年の手帳が届いた。

いっぱい書き込まれた今年の手帳に
兆しが書き込まれている。


記憶に留めていくこれらの兆しに
リアルさが加わり、具現化していく。

そのために新しい空白の欄が必要になる
兆しがリアルさを増し、現実に

手帳と言うアナログツールがいいと思う

それは、その時の紛れもない事実が
手の温もりを伴い残せるから。

f0079943_14462083.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2007-11-06 14:46 | つぶやき

今日という日


俺は、今ここにいる。

そして、常に、今いる場所から、前を見る。


泣きながら、笑いながら、

        そして、飲みながら

自分の道を、胸を張って生きていく。



f0079943_16319.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2007-11-06 01:07 | つぶやき