写真家、講師、として活動中、ファットフォト写真教室では、受講生を募集しています。              写真の使用を希望される場合は  お知らせください。


by y_kmsm
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

魅力的、文化的な街には必ず河の流れがある。
f0079943_1438472.jpg
金澤、高山、津和野、萩、など古都には
きれいな水の流れが、その街を魅力的に
している。

京都もその代表だろう。加茂川と桂川が京都の東西
を流れている。

前から行って見たい流れが京都にあった。

琵琶湖から市内まで人工的に作った疎水で京都の
飲み水や発電、水運、として今も使われている。
                                           
南禅に境内横にあるレンガのアーチもその一部。               (南禅寺レンガアーチ上部)

今年はその奥まで行ってみた。

アーチ橋の上から歩き、少し登ると疎水は水量を多くし
、更に上に上るとインクラインと呼ばれる疎水の
落差を調整し船を通すためのレールがある。
さらに進むと、満々と水を湛えた水路が左右に分かれ
レンガの建物、水のトンネルが見えてくる、飲み水と
発電に分ける分岐点、山間の緑に彩られ、とても魅力的な景色だった。

今回は水のトンネルまでにした、次回は是非、琵琶湖までの
疎水側を歩いてみたい。

街を形成する一つに、水”がある、
ぜひ、道路にしたり、蓋をした東京の河も蘇らせたい。

f0079943_143928.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2007-06-29 14:20 |

一期一会

梅雨の季節に行きたくなる街がある。

京都に行き、はも”をいただくこと


三日間天候にも恵まれ、念願の琵琶湖からの
疎水沿いを歩く事も出来た!

美味しい京都の「食」も満喫した!

秘密の洋館でコーヒーも飲めた!

しかし、今回もう一つの目的が、
「一澤帆布」でバックを買うこと。

いろいろと話題になり分裂した老舗だが
迷わず本家の店に行き、目的のショルダーを
買え、意気揚揚と店を出て宿に帰る途中思わぬ
出会いがあった。

歩いていると、目の前にニコニコした初老の人が
(ありがとうございました。)と私に話し掛けてきたのだ。
始めはどこか飲み屋で会った人かな?

その初老の紳士の目は私の紙袋にある!
そうだ!一澤の社長だ!

写真で見たことを瞬時に思い出した!!
親族の騒動で一時休業していたが再開して
本来の帆布バックを作り、発売し始めたその人だった。

自分の作ったバックを買った私に道で会い、見ず知らず
なのに、(ありがとうございました。)と言って去っていく
社長に商人の心意気を感じて、また京都が好きになった。
f0079943_15161383.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2007-06-28 15:20

ノマディック美術館

お台場で開催されている「グレゴリー コルベール」展に
やっと行くことができた。

152個のコンテナーを積み上げ、テントを張った
外観がまず目に飛び込む、中に入ると開放感に
溢れた展示スペースに驚愕!まるでギリシヤの
神殿を思わす創りが、シンプルなのだが、照明や構造で
視覚的な力量感を感じた。

生物の持つ同じ生命感を感じさせる、セピアの画面は
神秘な時間の流れを持っていた。
地球上の生命が、攻撃性を持たなければこんな同じ
空間と時間を共有できるのだろうと。

でも、撮影にかけた時間や忍耐、そして多くの人が画面の
向こうにいるのを感じた。決して素直な写真の見方では
ないかもしれないが、加工されていないだけに、むしろ
そんな見方をしてしまった。

しかし、暑い会場でした。空調の無い、しかも飲み物禁止、
まー プリントが和紙にされているのでしかたがないのだが、
暑いのだ” 見終って外がなんと涼しく感じた事か!
会期の初期に行った方が寒くて、外に出たと言っていたが
分る気がする。

ともあれ、一度は見て自分なりの感想を持ったらいいと思う。


6/24(日)まで

f0079943_14332100.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2007-06-21 14:34 | 写真

いい話

16日の土曜日は、朝から夜まで、教室が続く。

夜の9時に最終クラスが終わり、アフターに移ると
話は、いろ〃と出てくる、休んだ人の体調の話、
仕事の話、もちろん写真の話、その中で昨日は
ハッピーな話で盛り上った。

結婚を宣言した女性が成り行きを話だした。

留学時の彼のもとに7年ぶりに遊びに行き、
結婚まで話が進み、年内にという事になったらしい!
しかも、2,3ヶ月前まではそんな考えは無かったのだが、
一通の電話が彼女をアメリカまで行かせ、そして
劇的な展開になったのだ。

その話を聞きながら、ある記事を思い出した。

「人間は欲と諦めで生きている、若いころは希望や
夢を持って暮らしているが、段段と人生が見えて
くる、そして、自分の行く末を考えてしまう。」
(白石 一文著)

確かに、挫折から立ち上がり、前向きに人生を
考え直したり、夢や希望をもち続けるのは難しい
こともあるかもしれない。

でも、昨晩の彼女の話を聞いていると、諦めという言葉は
感じられなかった。確かにまだ〃難しい問題や、解決
しなくてはいけない事が待ち受けているだろう。

しかし、そんなことは、信じあえる二人の気持ちが
あれば乗りこえられると思うし、それが人生だと思う。


「人生は偶然の連続、恐がらずチャンスをキャッチすればいい」 

 f0079943_17412729.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2007-06-17 17:44 | 思い

梅雨?

昨日、梅雨入りしたらしい…

しかし、今日は快晴〇そして1週間は雨が降らないらしい…

湿度もそれ程ではなく、爽やかだ…

2日前に、庭の草むしりをしようかと張り切っていたのだが
日差しの強さに、諦めた、梅雨なのに…

気象庁の優柔不断はいつもの事、グズグズいい訳せずに
こんな事もあるさ、と開き直ればいいのに…


しかし、いい話が次々と舞い込んでくる。
おめでたい事、幸せなこと、いい話、…

そして、小生も考えている事、やろうとする事、が
次々と実現していく…

昨年の停滞気味の日々から、一気に展開していく、
一生懸命やれば、こんな事もあるさ!!

でも今年は、やはりラッキーイヤーなのだ。

f0079943_13442247.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2007-06-15 13:49 | 思い

ラッキーイヤー!

先日、記載したわがブログの記事が早くも反応を示した。

今、持ち前のパワーとコミニケーション能力で次々仕事を
こなしていく写真の仲間から、

自分の気持ちに曇りなく行動していく彼女の姿勢には
いつも、感激していた。落ち込んでいたと思ったら、
いつの間にか、次の行動に移っている。
そして、熱愛中の彼と結婚の話が持ち上がってきているらしい!!


他にも、長い交際の後に結婚を決意した教室の生徒さんの
メールを嬉しく見ていた。

そして、今日、やはり生徒さんから出産の報告メールがきた。

いいぞ~イイゾ~、やはり、中国の言い伝えは、いい知らせを
運んでくる。

あと、何組のいい知らせが届くのかな、楽しみだ!!
f0079943_14341175.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2007-06-14 14:35 | 出会い

今年は、

f0079943_13335126.jpg
昨日、面白い話を聞いた。

中国人の友達がいる友人が聞いたところに
よると、今年は「 36年に一度のいい年」
なのだそうです。

特に、婚約、入籍、結婚、は最高の年で
36年めに巡ってくるラッキーイヤー!!

我が教室でも今、把握しているだけで、5組
の人がいる。

急げ、可能な方は是非、今年中に上記の
ことを成し遂げたほうがいいかもしれない。
だって、最高は36年後だぞ。

まだ計画の無い方は、36年後か、或いは、
ほどほどの幸せを求めてください。
[PR]
by y_kmsm | 2007-06-11 13:34 | 出会い

新たな

月が変わり、6月に、 目に付く礼服、
Juneブライドシーズンなのだな。

2日、PP写真教室のあるクラスの修了だった。

このクラスは遠方者が多く、静岡、栃木、大坂、
など都内派は2名だけ、休むことなく毎月通って
きた。 明るく、屈託無く、写真を楽しむ、

しかし、2日の最後の授業は10枚の課題、
楽しむだけではなく、自分で見つけてきた
世界で一つの作品を、完成していた。

手渡された、花束とメッセージを見ながら
また、目頭が熱くなる。

淋しさがあるが、皆の未来に乾杯しよう。f0079943_15545210.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2007-06-03 15:55 | 写真