写真家、講師、として活動中、ファットフォト写真教室では、受講生を募集しています。              写真の使用を希望される場合は  お知らせください。


by y_kmsm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

小雨の降る25日、作品を小脇に横浜に向かう
会場のわが部屋は、白く塗られて飾られるのを
待っていた。

今回の主役は「宮崎あおい」。

うつむき加減で歩く「あおい」が写真の中から歩き出してくる
そんなイメージ写真です。
f0079943_1516484.jpg


初日、来てくださった方が入る前、廊下からみてモニターが
あるのかと思った、とか宙に浮き上がった感じとか、
作者からしたら嬉しい感想を頂いた。

テラウチ先生からも新しい感覚の力作とお褒めを頂き
嬉しい限りでした。

オープニングパーティーで、ドリフ並みの登場で挨拶し
一番目立ってしまったかもと、反省、(でも内心やったり!)

多くの方に今回の作品を評価してもらいたいと思っています。

今までのカラ”を破ったつもりの撮り方、展示、そして今後の
神島の方向に、ご意見を頂けたらと思いますので会期中お待ちしています。
[PR]
by y_kmsm | 2007-04-27 15:19 | 写真

思い出

今日(23日)はユネスコの「世界本の日」です。

「ルリユールおじさん」という絵本がある。
ソフィーという少女が大事にしていた壊れた植物図鑑をどうしても
修復したくて、街をさまよい、ある製本職人に出会い、丁重に直してもらう。
この出会いを通して少女は(未来に夢をつなげ)、職人は技術を教えてくれた
(父親の懐かしさを思い出し)、やっと父親に追いついた技術をありがたく思う。

自分が写真を始めた理由の一つに祖父、父親が写真を
やっていたという事があった。

今、居間の書棚に祖父、父の使っていたカメラが飾ってあるが。
全て使用可能。  修理したり、手入れをしたりしてそのたびに
2人の写真に対する姿勢を思い起こしていた。

そして、今自分が使っているカメラたちが、三代目の機械として
子供達が語り、そして書棚に飾って未来につなげてくれたらと、
絵本の話を読みながら思った。
f0079943_13504658.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2007-04-23 13:56 | 写真

もっと

写真を始めてから今日まで、どれだけのことが
伝わったかと思うと、不安になる。

でも、万人に何気なく伝わるより、たとえ一人にでも
大きな感動を伝えられたら、それで嬉しいかもしれない。

分ってもらおうとして、分りやすい内容にしたら多くに
人に、理解してもらえるかもしれないが、はたして
自分が納得するか疑問。

そんな事を考え、横浜写真展に挑む!

人に、伝えるという事は、こちらの気持ちに一部の陰りも
なく、思考し、まっすぐに、真剣に、真摯に語ること。

f0079943_1446434.jpg
今、一点”に真っ直ぐに歩いていく自分が見える。
[PR]
by y_kmsm | 2007-04-16 14:48 | 思い

今できること

どんなに、考えていても
どんなに、思っていても
どんなに、言おうとしていても

行動しなければ、前に進まないよね

こんな簡単なことで、今日に留まっているか
前に大きく進むかの違いだ

今、やらなければいけない事
今、伝えなければならない事

それが、今自分にできる真剣で精いっぱいの行動だ。
f0079943_17121654.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2007-04-15 17:15 | 思い

写真展情報

やっとお知らせできます。

テラウチマサトと14人の写真家
「横浜写真アパートメント」

横浜をテーマに1+14人が撮りおろした写真を
それぞれの部屋に思い〃に展示します。
連休を前に爽やかな風に誘われお越しください。

カミシマの部屋は2階13号室です。

期日 4/26(木)~4/30(月祝)
時間 10:00~17:00(最終日は16:00)
場所 北仲WHITE(みなとみらい線馬車道下車)
内容は  http://www.terauchi-yokohama-project.jp/
f0079943_15315229.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2007-04-09 15:32 | 写真

眼差し

7日のプレミアムクラスは旬の写真家に来てもらう
ゲスト講師講座を行なった。

ヨーロッパやアメリカで活動している「大和田良」氏で
若手フォトグラファーの中でもしっかりとしたスタンスを
持ち、深みのある写真を作り続けている人だ。

90分の短い時間の中で、作品の作り方、構成のしかた、
撮影に臨むこと、など静かな中に、熱いトークが続き、
3年を過ぎた参加者の目は、同年代の写真家の語りを
真剣に聞き取り、取り込もうとする真剣な輝きがあった。

これからも、ネットワークを広げて、多くの写真家に今の
姿を伝えってもらおう。

f0079943_1527519.jpg

                                                                                                                                       「講義後の打ち上げの席でも熱い目」
[PR]
by y_kmsm | 2007-04-08 15:32 | 写真

足元

桜ショーもいよいよエンディングを迎える
早かった開花も途中の寒さで結構楽しめた。
華やかな桜の下には、多くの名も知れぬ植物が
いつの間にか顔を出している。

本格的な春がもうそこまで来ているな!!

そんな、4月に入り26日から始まる「横浜写真展」に
出品する撮影がラストスパート!!

早々と主役が決まったのだが、脇役が足りない、と
撮っていたが、ふっと考えると足りないのではなく
多すぎるのに気が付いた。
もっとシンプルにしなくては脇役だけになってしまう。

こんな試行錯誤をしている時が楽しいのだ!!f0079943_15213564.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2007-04-06 15:21 | つぶやき

出口か入り口か

長いトンネルを抜けた感じです。

闇ではなく、明るい兆しを網膜に感じながら
手探りで少しずつ這ってきた。

自然がいっきに躍動し、生命感に溢れる季節に
手探りが必要ない明るさを今、実感している。

選択肢を決め、多くを望まずに一番大事なことを
視線の先に見つめ、兆しを感じ、
今、その実感を掴み取れる位置に来た。

その位置が出口なのか、
新たな入り口なのか、

今日からの思考、行動にかかっている。
f0079943_1421919.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2007-04-02 14:22 | つぶやき

あっと 言う間に見ごろを迎えた。

今年はもっと早く咲きたかったのだろうが、
ギリギリ堪えて、我慢できずに一斉に咲き誇った感じ!

土曜は午前中、千葉の大学で講義し、帰り間際、校庭の
桜を皆で撮影した。この大学の桜は結構有名で、昨年も
キムタクがドラマの撮影を撮っていた事があった。

大きな桜の側に植えたての苗木があった。側にいた
学生に聞いたら、昨年亡くなった学友の記念に植えた
苗で、様子を見に来たのだそうだ。

来年は、友人の思いできっと、小さな花を咲かせるだろう。

都内の戻り、思い立って友人に電話をして、
「桜を見にいこう」
久ぶりに井の頭公園に行き、満開の桜を堪能した。

公園は、大学で会った学生と同い年位の若者の
笑顔と笑い声で溢れていた。
f0079943_131819.jpg

曇りの日も、桜は美しく、華やかに、咲き誇っている。
[PR]
by y_kmsm | 2007-04-02 00:49 | つぶやき