写真家、講師、として活動中、ファットフォト写真教室では、受講生を募集しています。              写真の使用を希望される場合は  お知らせください。


by y_kmsm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

師走

いよいよ、11月も終わり、明日から師走12月

今日あたり忘年会、パーティーのお誘いメールが多くなった。
小生のブログも少し、年末の雰囲気にしてみたが…如何でしょう

医者知らずの健康体だったのだが、
しかし、ここ2,3年12月に風邪を引き寝込んでいる。
去年も、クリスマスの日、39度の熱を出し
授業後、フラフラで家にたどり着いたのを思い出した。

月に一度楽しみに教室に来る生徒さんのことを
思うと、休めないし、しっかり講義しなければ申し訳ない
ので、体調管理をして12月を迎えたいと思う。

でも、師走という響きが、なぜか好きなのです。
f0079943_1645086.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2006-11-30 16:06 | 思い

今、アメリカは

華氏911の監督、マイケル ムーアの「ボウリング フォーコロンバイン」という
ドキュメント映画を見た。

アポなし、突撃インタビュウで相手の本音を聞き出す監督で、
今回の見た映画は、アメリカの田舎町でおきた生徒による銃乱射
事件をとおして銃規制を提起しているのですが…

乱射事件の被害者追悼式の当日、ライフル協会主催で
俳優チャールトン へストンが「銃は自由と身を守る」とライフル
を振りかざし、インタビューで「銃は必要、自由f0079943_1523582.jpgは銃で守る」と
開き直る、  以前、大作映画でキリストの非抵抗運動を演じたのに、
と興醒めしたシーンでした。

犯罪の多いアメリカは銃ビジネスが大きな力を持っている。
西部劇の時代から、家庭に銃があり
(私も一度アメリカ人の家で、自動式拳銃を見たことがある)
それが銃犯罪の温床になっていると訴えるのだが…

生徒が乱射した銃の弾を売っていたスーパーマーケットも直撃インタビュー、
同行した被害者の身体に残る弾の話を聞いた、経営者は後に、銃器の販売を止める。
唯一、ホットしたシーンでした。

中東戦争、など世界中で使われている兵器で成り立つアメリカ
経済の巣屈、それを後押しする政界のネオ コン政治家など
アメリカの闇を見た感じでした。
[PR]
by y_kmsm | 2006-11-27 15:31 | 映画

降りしきる…

今の時期、雨になると肌寒く底冷えがしてくる。

でも一年で今の季節の雨が一番きれいだし、心地いいかも
しれない、背景の赤や黄に雨のフィルターがかかり、錦模様
を見せてくれる。

久ぶりに、自分の撮影ができた
雨に煙る山の赤や黄に雨がやさしくレースのカーテンを掛けて
見る目をやさしくしてくれ、気持ちを癒してくれた。

レンズについた水滴が窓越しの風景のように見せてくれ、
ファインダーが曇りソフトな絵を見せてくれる。

一人になれた撮影を日暮れまで、たっぷりと楽しんだ。


少しずつ、軽井沢の秋に終わりを告げていく。
f0079943_14303128.jpg

[PR]
by y_kmsm | 2006-11-23 15:05 | 写真

歯車


「何かが始まろうとする時、小さな目には見えない歯車が
いくつもソロソロと動き出す」  昨日読んだ小説の一節だが、

ものごとは、けっして劇的には動き始めないと思う。
無意識のうちに、微かな動きから連動を生んで大きな
流れになり、溶け合って、人生の物語を生んでいく。

その動きに気付き、そして流れを変えたければ、f0079943_13434798.jpg動きを
何時修正していったらいいのか、でもそれが難しいから後悔”と言う
言葉があるのだろう。

人生に何度も訪れる後悔という物語”を、加筆したり、修正したりして
いけたらと思うことが身近で続いた。
[PR]
by y_kmsm | 2006-11-17 13:49 | 思い

エピソード

f0079943_15211970.jpg
寒さを告げる風が吹いた昨夜遅くに
携帯が鳴った。

10歳位年下の人から離婚したという報告だった
心に巣くった苦しみから解放されて、明るい声だった。

多少は聞いていた話だが、くだらない事、小さな事、
人が聞いたら些細な事、でも当人が受け止めるには心は意外と小さい。

経験しなければ、わからない空気、時間の長さ、ちくちくと刺す痛み、
そんな連続の中で一言が、ぷつりと苦痛を断ち切る。

「人の苦しみなんて、他人にとってはただのエピソードにすぎない」

最後の言葉が、明るい声の中に長い苦しみを物語っている。

エピソードには聞こえてこない空気と、時間と、痛みを携帯の声から感じた。
[PR]
by y_kmsm | 2006-11-08 15:21 | 思い

気構え

今日は冷たい風が吹いた、
一気に秋から冬に変わる気配が感じた。

少し疲れが溜まったのか、ここ数日身体にきれがない
食欲もイマイチ、撮影に出かけても気合が入らない、
本を読んでも集中しない、 ないないづくし…
どこかに、隙間が有るようだ。

そんな独り言を言っていると、来年のクラス担当依頼の
メールが届いた。また新しい顔と出会える。f0079943_23514129.jpg

スケジュールの楽な内に気の隙間を埋め、
体調を整えよう!
ないない から あるあるに
[PR]
by y_kmsm | 2006-11-07 23:54 | 思い

今日、来年(2007)の手帳が届いた。

あと二ヶ月で今年も終わる。

まだ、振り返るには早いが、今年の手帳を見ると
いろいろあったなと思う。
決して劇的なことがあったわけではないが、


さて届いた新しいシステム手帳は、どんな出会いと
どんな日々を記していくのだろう。

すでに、見えない字で未来が書き込まれて
いるのかな、

手にした手帳に夢をみよう!!
f0079943_16374484.jpg













     

           
             
          清春芸術村にて
[PR]
by y_kmsm | 2006-11-03 15:56 | 思い