写真家、講師、として活動中、ファットフォト写真教室では、受講生を募集しています。              写真の使用を希望される場合は  お知らせください。


by y_kmsm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

時は

10月も今日で終わる。

秋も駆け足で去ろうとしているが、 

まて〃 急がないでくれ!
大好きな秋をもう少し楽しましてくれ!

さらさらと落ちる枯れ葉もゆっくりと、
暖かな夕日の光もゆっくりと、
木に残った柿の実も鳥のためにゆっくりと、
急いで落ちずに、

ゆっくりと秋を楽しませてくれ。

今日はハロウィン、 秋の色にかぼちゃも染まる。

f0079943_15114890.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2006-10-31 14:52 | 思い

いざ鎌倉へ

写真家で以前一緒に仕事をした、T氏の写真展に行った。

鎌倉の街を少し歩いたギャラリーは、皮鞄の展示されている店内で
お互い、f0079943_16172061.jpg干渉せず、邪魔せず、いい関係を保ちながら迎えてくれた。

アジアで人と出会い、心地よくカメラに向かっている人がいる。
人”は接する人”で、警戒心を無くし、優しくなる
そんな、撮る人と撮られる人の気持ちが伝わる写真展。

久ぶりの鎌倉を歩き、やさしくなった気持ちを
おだやかな夕日がつつんでくれた。
[PR]
by y_kmsm | 2006-10-26 16:17 | 写真

一人の時間

多くは、午前という表示になってから帰宅する。
街も、人も静かに寝ている時間に、

ソファーに座り熱いコーヒーを飲む、

電車の中で読みかけの本を読む、

枕に頭を置くと、スーと一日が過ぎる、

また不満な一日だ。

自分がやっている事が最善と思うのだが、まだ最高とは程遠い

でも、明日という時間がある。

啄木の歌に 「 こころよく、我にはたらく仕事あれ、
それを仕遂げて 死なむと思う 」

こんなことを考える f0079943_15531731.jpg一人の時間”が貴重だと思う自分がいる。
[PR]
by y_kmsm | 2006-10-24 15:55 | 思い

遠方より

f0079943_14561859.jpg
写真を仕事として関わり、今は幸せに思う。

多くの人と写真を通じて知り合い、そして、その輪が広がっていく!
教室でも多くの人と語り、観て、感動したり、飲んだり、
でも、先日気付いた、自分に慣れ”がでてきている。
話す事に、伝える事に、

安楽は、だめだと思う、同じ事を同じに話したら、話す側は
楽だけど、聞いている側は飽きてくる。
こんな簡単なことが、長い時間の中で薄れてくる。
初心に戻ろう、またキャッチボールとランニングから…

そんな中、山口県の萩市から友人が訪ねてきた!
写真の楽しさを知っている、そして新しい写真を求めている
フォトグラファーMさん、
遅くまで飲みながら、教室の生徒さんと一緒に語った。

こんな素晴らしい人たちの為にも、慣れ”を断ち切らなければ
さて今日から、初心だ!!
[PR]
by y_kmsm | 2006-10-23 14:57 | 思い

五感の季節

f0079943_1541424.jpg
季節の移りかわりを何で、いつ感じるのか、

都会生活は人工の温度管理、光の管理、空気の管理、
昼でも、夜でも、一定に快適にコントロールされている。

便利だが、明日の天気も情報に頼り、空を見ない、
テレビに出てくるタレントの服装で、気候に関係なく
服装を変えていく、   大丈夫だろうか、

先日、撮影ツアーで生徒さん八ヶ岳、清里に行った。
すでに、秋の気配濃厚で東京より1枚多く着る気温
、快晴の日差しは強いが、木陰は肌寒さすら感じた。

写真を撮っていると、季節に敏感になる、
ツアーの時、沢”歩きをしていて、小さなきのこを撮り
木の実に目を留めたり、清流の光に感動したり、
吹き抜ける風に心地よさを感じたりして、五感を感じる。

午前過ぎに帰宅する道すがら、季節の変わりを感じる
程度のことでは、何か、無駄な時を過ごしているのかも
しれない
[PR]
by y_kmsm | 2006-10-16 15:42 |

うれしい便り

f0079943_1532866.jpg2回に渡り、訪れた萩市の方から便りが届いた!

萩市の観光イベントの撮影、講演後、
参加者の中に写真館を経営する若いフォトグラファーがいて、
講演後に、お茶を飲みながら
経営や写真を撮ることの悩みを聞き、
小生なりのアドバイスをした。

その後、「仕事も、作品撮りをやる気がでて頑張っている」
という便りだった。

こんな便りを聞くたびに、自分のやっている仕事が少しでも、
役に立っている事に、嬉しく、ワクワクするのだ。


「未来はためらいつつ近づき、 現在は矢のように早く
飛び去り、 過去は永久に静かに立っている」

今日という日を大切にして、思い出が輝いてくるのだろう。
[PR]
by y_kmsm | 2006-10-04 15:04 | 写真