写真家、講師、として活動中、ファットフォト写真教室では、受講生を募集しています。              写真の使用を希望される場合は  お知らせください。


by y_kmsm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

春うらら

此処のところ、体調がすぐれず教室の合い間に休息して出ると、また
体調が良くない、  これも春の曖昧気候の為かな?花粉症は今年まったく
といって位、症状は出なかったので、いくらか春のイメージは変わって
くるかもしれないが…

桜の開花から1日の気温を足して125度になると満開になると聞いた、
来週初めには散り始めるかもしれない、写真的には撮り時ですが、
毎年タイミングが難しい、今年も日曜ぐらいかな、でも日曜は雨模様な
ので、テーマが変わってくるな~


そんな訳で、日記を書くのも昼間が多い、はじめの頃は夜中にたわ言”的
にと思っていたのだが、明るいうちはどうしても真面目になってしまうのに
気付いた。体調がもどったら、又、夜中の生活にもどろう~
[PR]
by y_kmsm | 2006-03-30 13:48

春の嵐

f0079943_17272030.jpg
穏やかな印象がある春だが、それとは裏腹にとても気性の荒い季節の
ような気がする、まず気温の上下、突風、砂嵐、など過去に一度桜が
満開のときに雪が降ったことがある。(桜に雪が積もった写真を撮った)

冬の寒さが終わり、気温が上がると気持ち的には開放された気になるが
実際は気性の荒い女性”のようだ(失礼)

花粉を舞い上げるし、洗濯物は飛ばすし、目にゴミは入るし、いい事ない
のが春"    以前にも書いたが、個人的には春嫌いなのです。

でも、桜は好き!!
[PR]
by y_kmsm | 2006-03-29 15:08

PIE

楽しい、数日でした、  と言っても自分は何をしたのかなと…

飛び交うメールで準備の状態を見ていたり、質問に答えたりした程度、
そして、搬入の日展示の釘を打った程度、    ほとんどの生徒さんは
写真の展示が始めてなので心配もあったのだが、親が受験の子を見る
様に見守るしかないし、キッカケを作ってあげれば、あとはまかせようと、

搬入の日、ほとんどの出展者帰った後、曲がった写真を直したり、剥がれ
そうなフレームを押さえたりしていた、その中に最後まで手直ししたり、確認
したり、している人が居た 「これでいいか、まだやり直せるか」と諦めずに!

その、閉館時間まで作業していた2人が共に、業界のコメンテーターに高い
評価をされた。

あるアーチストが「自分は臆病者だ」と言っていたのを思い出した、作品の仕上げに
何時もこれでいいのか、大丈夫かと確認するそうです。最後まで粘って仕上げた
2人にでた評価は、アーチストの臆病者魂”かと、

親は自分が誉められるより、こどもが誉められたほうが、うれしいもの

でも打ち上げの席で、僕の言った一言で、写真を始め、今は一番楽しんでいるという
ある生徒さんの挨拶を聞き、一人感激している自分もまたいる。f0079943_1810037.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2006-03-27 18:02

パレ、ロワイヤル

f0079943_026642.jpg先日、六本木で開催されている、フランス映画祭に行ってきました。
夜9:00過ぎの上映からして、いかにもフランスらいいなと思いながらも
帰りの終電時間を確認して、いそいそと会場へ!!

入り口でワインやビールも飲めたり、大人が多いのも気に入った。
その日の作品は「パレ、ロワイヤル」という架空の国のお王室を面白
く斬新に描いていた、でも英国の王室のパロディーて感じで笑えた。

席に着くと回りは、フランス人だらけ、あの着飾ったご婦人はモレシャン”
さんだ、その隣はフランス大使夫妻、この映画の監督謙主演のランベール
、ウィルソンも間近に、そして何となくワインの香りも!!
もう一人出演しているカトリーヌ、ドヌーブがいたら  最高!!なのに

最近、フランス映画が少ないので、今回の映画祭は日替わり、10数本の
上映なので、新作が、フランスにいるみたいに見られた。

テンポが速く、CGが多いハリウッド映画にくらべ、カメラをあまり移動
させない撮り方、会話の間など私にはとても心地いいのだが...

さて、いよいよ桜も開花した今日だが、春の香り”が感じられる静かな花見を
したいものだ。
[PR]
by y_kmsm | 2006-03-22 00:27

鉄仮面

J,CD,クラスの皆さん、ご心配かけました。今日は改善に向かっております!

、と言っても意味不明のひとが多いのですが、実は私の顔が自分で見ても
他人ではないかと思うほど、変わってしまったのです。目は1/3位に塞がり
顔はパンパンに腫れ、サングラスで隠くさなくても、私とは分らないかもしれない
ほどに。

別に整形手術した訳ではないのですが、初めて染めたヘアーカラーの薬で
こんな事になってしまったのです。でもいつもカットに行っている美容院なの
で、ここだけの話しにしておくつもり...

今日は日曜日なのですが、あらゆる手を使い、大学病院の専門医に見てもらえて
ラッキーでした。「一日も早いほうが良かった」と言われ、三種類の薬をいただき、早速
服用、今11時過ぎ早くも効果が出てきました。

赤い鉄仮面が、白いフレディー(同じ位恐いか?)になりました。明日は又教室が
あるので、せめてウルトラマンくらいにならないかなー(訳がわからない)

皆々様も、強い薬品にはお気をつけください。万一こんな事になったら。迷わず
専門の皮膚科に駆け込んでください。(一刻も早い方がいいらしい)

てな、訳で、今回は内容的にも美しくないので、写真はアップしません、悪しからず

Jの皆さん、飲み会途中帰宅でごめんなさい、又の機会に!!
[PR]
by y_kmsm | 2006-03-19 23:44

25年のキャリア

な~んて書くと、何かすごいキャリアの持ち主みたいに感じるかも
しれないが、実は、花粉症のキャリアのことです。

若き頃、春スキーをしに菅平に行ってリフトに乗っていると、突然
クシャミが襲いまくった、山頂に着いても止まらず、仲間から雪崩
がおきるぞと、文句をいわれたが、それどころではない、
下に着くまで、山にこだま”するほど連発、  それが悪夢の始まりです。

まだその頃、花粉症という名前はなく、医者で鼻炎とかたずけられたのです。

そんな訳で、キャリアは相当のもので、いろいろと予防法も試したが
どれも、たいした効果はなかった。   以前このブログで春は好きでない
と書いたが、そんな訳でした。しかし、神様は「もうお前は軽くしてやる」と
言ったかどうか分からないが、ここ数年軽くなってきた、去年からは薬も
飲まず過ごせるようになりました。

国民病などとのんきな事を言ってないで、何とかしないと春先、日本人の集中力
は、なくなってしまうかも、

ともあれ、花粉症の方はあと一ヶ月位は辛いですよね、
[PR]
by y_kmsm | 2006-03-16 17:08

消えてしまう話題

先日、我、新宿教室に新聞の取材が入るとCMSから連絡があり、生徒一同
通達により、鮮やかなファッションで、授業にのぞんだ。

撮影用にいつもは、ありえないスタイルで講義!!オーバーアクション、無理な笑い顔、
カメラマン君に、「今シャッター切れ」、「少し遅くない」などとプレッシャーをかけながら、
楽しんでしまった。事前に小生の経歴を聞いていたらしく、「はい、はい」と低姿勢でした。

こんな、撮影もしたなーと、思いながらカメラマン君に「お疲れさん」と帰りがけに声をかけ握手
したら手に汗をかいていた。  がんばれ新人君!!

掲載日に新聞を見たら、写真もなく記事も数行だけ...  でもよくある事で、現場と編集の
せめぎ合いが見えた。こんな時の記者は取材先に詫びの電話を入れるのだが、「周りに
知らせたのに」とか「親戚に連絡したのに」とお小言をいわれる。

新聞て、その日に見たら捨てられる運命で、たった一日の寿命に記者は奔走するのだが、
今回のように、編集の裁量で変わってしまう事がよくある。

数行の記事を見ながら、一番がっくりきているのは、ガンバッた”カメラマン君かもしれない。

なにか、ほろ苦く懐かしかった。

今、P,PSCHOOLブログで掲載予定だった写真が見られます。
[PR]
by y_kmsm | 2006-03-15 01:44

過去に

f0079943_1431694.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2006-03-15 01:44

カフェ写真展

今、教室の2人が写真展をやっている、表参道から少し横道に入った
明るい、カフェで!!   写真展というと○○ギャラリーで壁面に額や
パネルに張り込み展示するのが定番でしたが、今回も両面採光のある
カフェーでしかもガラス面に展示するという、常識からすればありえない
展示でした。

写真を撮る楽しみと、プリントする楽しみ(プリンターメーカーに感謝)そして
それを、何処で、どう飾るか、も楽しんでしまう、また場所探しもうまい!!
昨年から続く教室の写真展に毎回第一声が「ヘェ~」  「ホー」 と
展示方法の発想に感心しているのです。

でも、自分が写真展をする時は、と考えると○○ギャラリーでとf0079943_14583347.jpg
                           なるだろーな~
[PR]
by y_kmsm | 2006-03-13 15:03

見えない仲間

昨年から、通信添削講座をテラウチ先生から引き付いた。

始めの内はマイクに向って、見えない相手に話し掛けるのが難しかったなー、周辺が
静かになった深夜1時から、元気に「こんにちは、JTEXのカミシマですー、北海道の天気は
如何ですか~」と語りかけていくのに最近やっと慣れてきた。「FMのDJってこんな感じかな」
と妙に納得したりして...

写真を見ていると、同じ月なのに、吹雪の写真と満開の梅の写真が一緒に全国から届く!

地方だと写真を勉強したくても、教室がない、見てもらえる仲間も居ない、でも写真が好きだ”
という人が沢山いるのだと、この講座を持って実感した。大変だけど続けていこうと思う!!
テラウチ先生が一人でずーと続けていた気持ちが分かってきた。

今日、三月の前半に送ってきた作品の講評が終わった、その中に今回で終わった人の
コメントに、「良かったので、PPの教室や、イベントに参加しょうと思う」とあった。

                   とても、うれしかった!!
[PR]
by y_kmsm | 2006-03-09 00:25