写真家、講師、として活動中、ファットフォト写真教室では、受講生を募集しています。              写真の使用を希望される場合は  お知らせください。


by y_kmsm
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:出会い( 25 )

セルフポートレート


自分の姿や自分のしぐさに気がつく時があるが、
たいていはお店のガラスに映った姿を見て、姿勢を気にしたり
するくらいだが、たまには写真で自分を一人撮影すのがいい。

意外と普段見えてない部分が見えて、人はこんなふうに見ているのかと
意識するのもいいではないか!

数年前に写真家が自らセルフポートレートを撮るのが流行った。
普段、人を撮り、どう見せようと偉ぶっている(失礼)方たちが
自分を撮るとこんなに苦労しているのかと、思ったことがある。


先日ビキナークラス最後の授業でメッセージを頂いた。
その中に小生の紙人形が入っていた、思わず「似てる」と笑った。

作ってくれた人の観察力に脱帽!!

f0079943_15381660.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2011-07-03 15:38 | 出会い

同窓会


昨晩、銀座で夜遅くまで語り、飲み、食べていた。

3年前までP,P教室が銀座一丁目ティファニー裏にもあった。
地の利もあり大変な人気教室だったが、今思うと銀座教室に通う生徒さんは
三~四年前なのに、ほとんどがフィルムで、デジタルは見かけなかった事を思い返していた。

そんな銀座クラスの卒業生が集まり「神島を囲む会」なるものを開催してくれた。
今年の一月ころから言われていたのだが、予定が組めず昨日になってしまった
、しかし4年ぶりに30人も集まり、その頃の飲み会〃場の居酒屋に集合!!

今でも教室に来ている人、カメラマンになった人、個人教室をやっている人、
フリーペーパーの編集にたずさわっている人等々

あっという間に以前のクラストークになり大盛り上がり!!

小生は、感謝状を頂いたりして感激しまくりの夜でした。

こうして何年たっても集まってくれて写真を語り、楽しく過ごせる事は
悩みながらも、講師を続けてきた甲斐があり、今後も続けて行く原動力になる。
皆に感謝、感謝

f0079943_1418193.jpg

                     「頂いた感謝状」
[PR]
by y_kmsm | 2010-08-06 14:09 | 出会い

待つこと


やっと行ってきた「阿修羅展」

見たいが、並ぶのがいやだ、人混みがいやだ、とぐずぐずしていて
会期がなくなってきたので、夕方が楽という情報を元に、上野に!!

会場近くに着くといやな感じが、、
6重位に人の列が、、、、、
60分待ちの看板が見に入るが、小生の後ろにはすでに並ぶ人が
、こんなに並んで待ったのは、昔むかしディズニーランドに行った時以来かも。
なんとこの日、80万人を超えたというではないか~

でも、実際は30分くらいで入れたのだが、中も竹下通りなみの人〃〃
でも展示物は大きなものが多く、意外とよく観られた。

800年以上前につくられた仏像のリアルさは驚くばかり
単に造形美にとどまらず、布教をするため、宗教感を形に表す表現力の凄さ、
一本の木からくり抜いたもの、パーツにして組み立てていくもの、
塗られていた金、極彩色、が剥がれおちても下地の漆で美が保たれている。
こんな仏師の技には感服する。

しかも立体で見せるので手を抜くところはない。

今回、かなり本などで知識を得てから見に行ったので、スムーズに吸収できた。

薄暮の上野の森を歩きながら、のどの渇きを感じ、
公園内のレストランに飛び込み、生ビールを注文!!
芝生と彫刻を前に、ガーデンテーブルで心地いい風に吹かれながら
乾杯!!待つという修行の後に感じる極楽、極楽。

f0079943_1451177.jpg



















携帯カメラで撮影
[PR]
by y_kmsm | 2009-06-03 13:54 | 出会い

食は故郷にあり


春めいてきた気候に誘われて食事に出かけた。

恵比寿から広尾にむかい歩いたところにある、フレンチレストラン!
こじんまりとした空間にシンプルな内装で、所々に写真が飾ってある。

料理が出てくると、ウェイター君が食材の説明を始めた。
「この豚肉は埼玉のものです。」
小生が「埼ボク」の?
「はいそうです。」  何回か買いに行ったことのある牧場の豚だ。

しばらくして出てきたアスパラ料理でまた、「これは所沢産ものです。」
小生 「何か埼玉産ものが多いね」
ウェイター君 「オーナーシェフが川越の方で」
小生 「私も川越ですよ!!」
何か故郷の料理を食べているみたいだ。

手洗いに行くと、白い壁に写真が掛けてある。
小さなねじれ花が微妙なピントの合わせ方で撮れている。

帰り際にオーナーシェフが挨拶に出てきて川越の話をしたあとに、
写真のことを聞くと、「開店以来お気に入りで飾ってあるのです。」
女性の写真家が時間をかけてこの店のために撮り下ろしたらしい。


おいしい料理と、写真、人、そして故郷の食材のフランス料理!!

満足な春の宵でした。


f0079943_13262687.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2009-03-19 13:18 | 出会い

上位ランク

物事には必ず、最上位のものがある。

機械や物には、数値でランクが付けられるが、五感で
判断するモノは、まず自分で一番だという基準を作らなければ
ならない。

特に嗜好品に関しては個人の好みがあるから一概には言えないが
、人の話を基準にせず、自分の尺度を持たないと正確なランク付け
はできないだろう。


小生は、コーヒー好きで、朝のコーヒーは欠かさず豆を引き、
香りを楽しみながら、飲んでいる。でも自分の中での基準が
なかったことに、昨晩気づいた。

最近、やたらコーヒーに入れ込んでいる二男が、世界一の称号を持つ
豆を買ってきた。食後に点ててくれたコーヒーを口に含むと、おそらく
コーヒー本来は、こんな感じのまろやかさがあるのだろうと思った。

やたらコーヒー通という人なり店は、濃く、酸味があるのが
通好みと言っているが、はたしてそうなのだろうか、

日本茶も最高級の茶葉は苦味も渋みもなく、まろやかな甘さがある。
小生の茶道の先生が入れる茶は、何の刺激もなく穏やかな味が、
いつまでも口の中に香りとともに残るのと同じで、コーヒーも
新鮮で、確かなローストをすると酸味のない、しかしコクのある
甘さがあるのだろうと思い、自分の中でコーヒーの基準ができた。


f0079943_156712.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2009-02-23 14:57 | 出会い

気懸りな

肌寒さすら感じるようになった夜のこと

10:00頃、仕事が終わり早めに帰るかなと原宿駅前で
信号待ちしていると、下の方から「English OK?]という声が
した。

目線を下げると、そこに車いすの黒人が困った顔をしている。
「JⅠCA,jica」と言っているのだが、聞き取りにくくしていると、
一緒にいた写真関係の女性が、「私が聞きます」と言い、流暢な
英語で聞き返す。

その人も聞き取りにくいらしく何回も聞く、
分かってきたのが、代々木近辺に宿泊施設に帰りたいらしい、
でも、住所も電話も分からず、お金も持ってない???

原宿のJR職員に地図を借り一緒に検索するが、なにぶん(JICA)だけが
情報なので…

そこで携帯のネット検索で調べると出てきた!!
「国際協力機構、JICA] 場所は代々木上原から徒歩20分

さて、ここからどう帰るかが、始まった。

タクシー、(車いすが乗れるタクシーはあるが、お金がない、)
電車, ( 日本の電車は乗り換えが不安、、)
徒歩、(車いすで、どの位かかるか)

そんな、小生、JR職員、の思案顔をみた彼が、
「徒歩(車いす)で帰るから道を教えてほしい」と言う。
終電が迫ってきたので、決断!!

宿泊地までの分かりやすい道を探して、途中まで案内することに
する。意外と坂道が多い原宿、代々木なので心配だが、

でも走り出すと、小生より早いのだ、上半身はボビーなみの体で腕は
かなり強そうなので、少し心配が薄れた。

歩きながら話をすると、アフリカのウガンダから政府の派遣で来ているという、
よく見ると車いすの後ろに国旗らしき(ウガンダの国旗は知らなかった)旗が
貼ってある。名前はミロ ミッシェルさんと言う政府の職員。

でもここまで(原宿)フラフラと車いすで来たのはすごいな!と言うと
「暗くなって方向が分からなくなった、星も見えないし」   う~ん

今度はタクシー代位持って散歩に出ようよな、日本では、

真っすぐに帰れる道まで出て、地図と住所を書いたメモを渡し
別れることにした。多少心配だが、「ファイト、ファイト」と言って
見送り、小生はやっと終電に間に合った。

無事に着いたかな…アフリカの星は。



f0079943_16374314.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2008-10-23 16:41 | 出会い

わくわく


今年も、わくわくする季節になった。

3年目になるのだが、山口県萩市に行く。

観光事業の一環で着物を着て萩の歴史ある街並みを歩き
(特権あり)その姿を写真に撮り、翌年のポスターや観光パンフレットに
採用する。

というイベントに毎年呼ばれて撮影指導と講演をする。

多くの方と知り合い、メールのやり取りもして、親しくさせて
もらっているが今年も今週末にお会いできそうだ!!

海と山に囲まれ美しい街でもあるが、多くの歴史的人物を
排出した文化は素晴らしい、その現代の文化の一翼を担えれば
と小生も意気込んでいる。

さてさて、今年はどんな新しい顔に出会えるか、今から楽しみだ!!

また報告します。               萩市 青木 旧宅の庭

f0079943_14435538.jpg
                                                                      
[PR]
by y_kmsm | 2008-09-18 14:15 | 出会い

Happy


昨日の教室後に、長年教室に来ていたお二人に会った。

共にビキナークラスから上級まで写真を学び、楽しんできた。

連絡がきてスケジューを合わせていて、待ち合わせ後
ビールを一口飲んで、開口一番

「結婚します!!」

前からお付き合いをしているのは知っていたのだが、
目の前の二人の顔を見て、何と穏やかで、大人の顔をしていると思った。

しかも、今日男性の両親に知らせると言う、
小生に一番はじめ報告してくれたとは、嬉しい限り!!

教室で知り合い、結婚にまで至ったカップルは5組目
現在進行中が2組!!

何と素晴らしい環境の中で仕事をしているのだろうと思う。
写真という創造性豊かな世界が、人を魅了する力を生んで
いるのかもしれない。

もっとそんな二人が誕生してくることを期待したいな!

おめでとう!!

f0079943_14214039.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2008-09-17 14:05 | 出会い

同窓会


PP教室が、銀座に初めて開講して5年を過ぎた。

多くの写真教室やメーカー主催のカルチャースクールが
ひしめく銀座に是非”という願いを聞いてもらい、日本発色
5階にオープンした。

その初期クラスの同窓会があり、授業後利用していた
居酒屋に集まった。
活発で発言力があり、優秀な人たちを輩出したクラスで、
二人のフォトグラファー、講師、編集者、そのほかにも写真に関係した
仕事に付いた人たちが居る。

昨晩も盛り上がり,近状報告(仕事関係)、結婚報告、など
楽しく、でも前向きな話で長くなったが、目的をもった仕事を
している人は輝いている。
閉店時間で追い出され、雨の中時計を見れば終電ギリギリ、


でも銀座教室の会場であった、(日本発色)も閉店になり
厳しい現状を認識した大雨の一日でした。


f0079943_14191931.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2008-08-31 14:06 | 出会い

ガムテープで

先日、千駄木、谷中、界隈を撮影していた。

何回か訪れていたこの地も、季節により趣きを変える。

アジサイの季節でもあり、シットリとした下町を十分に
撮影できた。

今回、新発見をした(今さらと思い人もいるが)
日暮里駅を降り、谷中の町に行こうとすると、
駅工事で迷路の様になっている。

指示に従い歩くと、指示板に妙な字体が…

同行していた方が「これが、今評判の修悦体ですよ!」と
????

聞くと、新宿駅工事中に声だけでは注意が行き届かず、
「佐藤修悦さん」という工事関係者が、目立つ注意板をと
考案した、ガムテープで作った文字だという。
丸みのある、今までにない字体で、言われれば何か
指示に従いたくなる説得感がある。

f0079943_15343657.jpg


























同行者が指示版を撮っていると中から
佐藤さん本人が出てきて、ニコニコと記念撮影に収まっていた。
[PR]
by y_kmsm | 2008-07-02 15:46 | 出会い