写真家、講師、として活動中、ファットフォト写真教室では、受講生を募集しています。              写真の使用を希望される場合は  お知らせください。


by y_kmsm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

がんばろう!

二日目が終わろうとしている。

地震発生時、我が身内も一人は成田のデルタ機内に6時間以上閉じ込められ、
もう一人は、台北から羽田に着いて5時間全日空機内で待機していた。
共に、緊急事態ということで機内でみんな冷静に待ったそうだ。
唯一全日空機内で、一人の日本人が「外に出せ」と騒ぎ、機長が「協力できないなら」と
機外に出したそうだ。一番良いと判断する機長指令に従えない輩は危機に際し、自己責任
を取ってもらうしかない。


わが教室の生徒さんは素晴らしいと思った。

交通機関の不通で歩いて帰宅したり、会社に泊まったり、大変だったようだ。
特に一人住まいの方は不安だったろうし、仙台在住の方は比べられないくらい
大変だたと思う。

そんな中、感動したこともあった。
地震後、各クラスのメーリングリストに安否確認メールを流したところ
続々と、現況を知らせてきた。「7時間歩いた」とか「部屋が散乱」など
、でも「無事です、先生は?」という内容メールがかえってきた。

クラスによると委員長が全員の安否確認をしてくれて「全員無事」という
うれしい取りまとめもしてくれた。(感謝)

内容を見ていると、やはり一人で不安だったところに「大丈夫ですか」というメール
が「どんなに励みになったか」という、疲れて歩いていたところにも届いて
「元気が出た」など災害時の励ましや連絡は大事だと持った。

そのほかにも、クラス仲間同士で励まし合うメールもたくさんあった。

写真教室なのだが、こうしていざという時、仲間意識が出たことに感動を覚えた。

f0079943_038560.jpg

         小生のクラシックカメラコレクションもこんな状態
[PR]
by y_kmsm | 2011-03-14 00:39 | 思い