写真家、講師、として活動中、ファットフォト写真教室では、受講生を募集しています。              写真の使用を希望される場合は  お知らせください。


by y_kmsm
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

今年も

萩の街は、温かく迎えてくれた。

仕事で4回、プライベートで3回伺っている。

今年も顔見知りの方や、はじめての方が待っていて下さった。

萩市博物館の中で「着物ウィークイン萩」の撮影講座と観光用写真の
講演を行った、今回は如何に外から来てみたいと思わせる魅力的な
撮り方は、という内容で話してみた。

見慣れた風景は時として見過ごしてしますもので、新鮮さが見落とされてしまう。
そんな見慣れた風景を、洗いだして再検討することで新たな魅力を
引き出し、そこに着物のモデルさんを配置する。

撮影実習も後半になると日も傾き、白壁に赤い夕陽と影がコントラストを
見せてきた。小生もその気になりビシバシと撮り始める。

心地よい疲れに地元の方と飲むビールが美味しいぞ、
昨年も連れて行ってもらった、料理店で烏賊の生き造り、クジラの料理
、採りたてのの貝類、と贅沢に御馳走になった。

宿泊は、皇室関係者も泊まる「常茂恵」
簡素の中に贅を凝らした造りで、館内は静かな空気が流れていた。
ここの女将とは4年前から面識のあるのだが、中々の文化人。

女将の話だと前の日に庭に面した広い廊下で、月見の会をしたそうだ。
まだ飾りがあったのだが、その一角に女性のブーツが2足置いてあった、
なぜこんな場所にと思い見ていると、女将が「それは萩焼でできている。」
といった。どう見ても革でできたブーツだが…

温かい人たちと、美味しい料理、それに最高の旅館!!

そこで仕事をさせてもらう幸せ者です。  ハイ
               
                   「E-P1」ファンタジックモード
f0079943_1604831.jpg

                    
[PR]
by y_kmsm | 2009-10-07 15:57 | 写真