写真家、講師、として活動中、ファットフォト写真教室では、受講生を募集しています。              写真の使用を希望される場合は  お知らせください。


by y_kmsm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

行ってきました。



久し振りの休みと、撮影を兼ねて、鳥取、島根、山口、と山陰を
車で旅してきました。

このコースは小生が大学生の頃にオンボロワーゲンで回った道で
今回、撮影地と兼ねていたのでレンタカーを使い、全く同じ地に
行くことにした。

まずは鳥取に行き、砂丘から植田正治写真武術館へ

砂丘は以前とは違い観光地として賑わい、ラクダが人を運んでいるのだ!!
でも、丘陵から先の日本海は素晴らしく、以前のままの荒々しさを
見せていた。吹き抜ける風はまだ冬の寒さを運んでいる。

f0079943_1437143.jpg












車で2時間余り山の中を優秀なナビは案内してくれた。
しばらくの時間、一台の車、人にも出会わず関東では見られなくなった
山村の原風景を楽しませてくれた。この車のナビは小生の好みを
知っているのかと思うほど、素晴らしい光景の連続だった。

f0079943_14372313.jpg










やまを越えると、視界は広がり目の前に大山が美しい稜線を見せてくれた。
その麓に、植田正治写真美術館がある。

館内は人が少なく、貸切状態で展示物を堪能できた。
偉大なるアマチュアリズムを通して、自分の流儀に徹した姿勢は
今日の写真にも通じる新しさを感じる。館内はモノクロ写真の美しさ
の連続とシンプルな構図の心地よさで離れがたい、展示室の隣は
実験的な部屋で、巨大なレンズが部屋をカメラにしている、ピンホールの
原理でレンズから入った大山が壁に写しだされる。
一度はこの美術館を訪れることをお勧めする。

窓越しに見える雄大で雪を頂いた大山を見ながら、コーヒーを飲む
この時間は、贅沢で至福な時間でした。


f0079943_14434740.jpg












まだ、この近辺は自然と人の調和がとれた、日本を体感できる貴重な
スポットかもしれない。

次回は島根の歴史探訪をレポートしよう。
[PR]
by y_kmsm | 2009-04-07 14:13 | 写真