写真家、講師、として活動中、ファットフォト写真教室では、受講生を募集しています。              写真の使用を希望される場合は  お知らせください。


by y_kmsm
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

称賛

最近、楽しみにしているTV番組に「アメリカン.アイドル」がある。

歌手デビューを目指す人がアメリカ全土で予選を行い、最後ハリウッド本選に
進む番組、過去に日本でも「アサヤン」という同じようなTV番組があったが、
大きく違うところがある。

まず、面白いのがアカペラで歌う出場者に対し、審査員が悪魔と天使の本音評価する。
「もう歌を歌うと思うな」、「聞くに堪えない」など酷評を言う、それに対し
出場者が泣き崩れたり、中には捨て台詞を言ったりのリアクションが笑えるのだ。
でも、合格者には「最高だ」とか「将来が見える」とか絶賛する、そのコメントギャップ
が、最高!!

感心するのが、出場者の控え室に戻ってくる「合格者」、「落選者」に対し
ライバルたちは、拍手したり、ハグをする。
頑張ったものに対し、称賛するのはアメリカンのいいところだ!!
メジャーリーグでも、日本人や、メキシカンが、いいプレーをすると外国人でも
スタンディングオベーションをするのがアメリカ流。

力を出したり、いい結果を出せたら、思い切り賞賛をしていいと思うのだが、
恥ずかしがり屋の日本人はどうしても控え目になってしまう。

小生も過去に作品発表をしたとき、静かだった会場で拍手が起きた時が
あった(それ以来ないが)。その時の感動が今でも忘れられないし、
それが次のモチベーションにつながったことを思い出す。


教室でも、そんな評価スタイルを取り入れようかな~

f0079943_1571752.jpg
[PR]
by y_kmsm | 2009-03-12 14:56 | 思い